イソフラボンが生理の症状を改善する仕組みや摂り方を特集!

イソフラボンの生理の症状改善効果をより詳しくまとめてみた!

このページでは、大豆イソフラボンが生理のつらい症状の軽減や改善にどういった効果があるのか詳しく見て行きたいと思います。

 

また、大豆イソフラボンの副作用や摂取量、摂るべきタイミングなどもっと詳しく知りたい方にも納得して頂ける内容でご紹介して行きます。

  • イソフラボンって生理の症状を改善するの?
  • 生理の症状ってどのくらいあるの?
  • それらの生理の症状の原因は?
  • イソフラボンの生理の症状改善効果は?
  • 生理期間にもイソフラボンと摂ったほうが良いもう1つの理由
  • イソフラボンを摂る最も効果的なタイミングとは
  • イソフラボンの生理の症状への改善効果は即効性はあるの?
  • イソフラボンはどの食材に豊富に含まれているのか?
  • イソフラボンの過剰摂取の危険性
  • イソフラボンの過剰摂取しないためには?

このような項目で生理中の気持ち悪さや痛みなどのいろいろな症状とイソフラボンの改善効果の仕組みについて詳しく見て行きたいと思います。

 

小林製薬|発酵大豆イソフラボンサプリ
↓↓↓↓↓↓↓↓
【エクオール】公式サイトはこちら

イソフラボンで生理の症状が改善される仕組み

イソフラボンと言ったら大豆に豊富に含まれているというイメージを持っている方が多いかと思います。

 

そんなイソフラボンは女性の強い味方として広く知られており、美容効果や生理の症状、更年期障害の症状などに対して改善効果がとても強い成分です。

 

そんなイソフラボンがどのようにして生理の症状改善するのか?

 

という部分ですが、生理前のPMSの症状の原因や、生理痛などといった、主に生理の症状というのは、女性ホルモンのエストロゲンというホルモンが減少することにより、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうため起こってしまいます。

 

イソフラボンは、生理前や生理中に不足しがちなエストロゲンと非常に似た働きをするため、イソフラボンを摂取すると生理の症状が改善されるということなんです。

 

生理の症状ってどのくらいあるの?

生理の症状と一言で言っても、その種類が豊富にあることをご存知でしょうか?

 

まず生理前の症状に関してですが、生理前の症状といえばPMSですよね?そんなPMSの症状は現在わかっているだけでもおよそ200種類以上あると言われており、その代表的な症状は以下の通りです↓

 

生理前のPMSの身体的症状

頭痛肩こり、腰痛、下腹部痛、下痢、便秘、むくみ、胸が張る、摂取異常、味覚の変化、眠気、不眠、疲れやすい、だるい、肌荒れ、湿疹、冷え性、耳鳴り、関節痛、めまい、吐き気、嘔吐、のぼせ、ほてり、多汗、ニキビ、のどの違和感、おりもの、体重増加

 

生理前のPMSの精神的症状

 

情緒不安定になり涙もろくなる、理由もなく憂鬱になる、無気力になる、ちょっとしたことで死にたくなるほど落ち込む、普段なら何でもないことでくよくよしてしまう、イライラしやすくなる、否定的、悲観的になる、性欲が異常に増進、減退する、家族、友人、恋人とケンカしやすくなる、子供にきつく当たってしまう、感情的になり暴言を吐きやすくなる、人付き合いが面倒くさくなる、集中力判断力が低下する、無性に生理整頓がしたくなる、衝動買いをしやすくなる

 

生理中の症状

 

次に生理中の症状に関してですが、代表的なものはやはり生理痛です。こちらも一言で生理痛といってもその症状は1つではありません。PMS程ではありませんが、生理痛の代表的な症状と言えば、下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛、体のだるさなどがあります。

 

 

それらの生理の症状の原因は?

 

先程の段落で生理前、生理中の代表的な症状がどんなものかということがわかりましたね?

 

それらの症状は細かく見てみるとそれぞれに原因があるのですが、(専門的な小難しい話は飛ばします!)それらの”生理の症状”というのは、元をたどっていくとそのほとんどが、女性ホルモンのバランスが関係しているんです。

 

つまりはこういうことです。

 

生理前のPMSの症状も、生理中の生理痛の症状も、イソフラボンを上手に摂取し、女性ホルモンのバランスを整えていくことで、十分に改善可能だということです♪

 

イソフラボンがどう作用して生理の症状を改善するの?

 

生理前のPMSの症状も、生理中の生理痛の症状も、元の元をたどると女性ホルモンのバランスの乱れが原因であるという事はこれまで話した通りです。

 

このページのテーマであるイソフラボンは、生理前や生理中に不足しがちなエストロゲンという女性ホルモンに非常に似た効果を持ち、それらの不快な症状に作用してくれます。

 

しかしここで1つ注意しておきたいのは、イソフラボンの効果が女性ホルモンの働きによく似ていて生理の症状に嬉しい作用をもたらしてくれるからといって、過剰に摂取しすぎたりしてしまうのは、実はあまり良くないんです。

 

イソフラボンの効果をきちんと発揮するためには、決められた量を毎日的確に摂取していくことがとても大事なポイントになってきます。

 

生理期間にもイソフラボンと摂ったほうが良いもう1つの理由

 

イソフラボンの生理の症状改善効果をより詳しくまとめてみた!

イソフラボンは生理の症状を改善してくれる作用があるので、生理の症状に悩んでいる方はぜひとも摂取しておきたい成分ですが、それ以外にもイソフラボンを摂った方が良い理由というものがあります。

 

それは美容と健康、さらにダイエットに関わってくる話なのですが、生理の症状に効果的なイソフラボンを摂取することによって、イソフラボンの中に含まれている成分が腸内環境整えてくれる物質を作り出してくれます。

 

 

そもそも生理中というのは腸内の運動が不規則になりやすくなるため、便秘になりやすいという方も少なくないかと思います。

 

これもまさに生理の症状の1つと言えるのですが、そうなってしまうことによって、腸内に食べ物が長く滞在してしまいます。そうすると余分な脂肪やエネルギーが吸収されてしまい、自然と太りやすくなってしまう状態になってしまいます。

 

そこでイソフラボンを摂取することによって、腸内環境整えてくれる物質が作られるので、便秘が改善され、美容と健康ダイエットにも嬉しい効果をもたらしてくれます☆

 

イソフラボンを摂る最も効果的なタイミングとは

 

イソフラボンの生理の症状改善効果をより詳しくまとめてみた!

生理の症状の改善やダイエット効果など、様々な面でうれしい作用をもたらしてくれるイソフラボンですが、基本的にはいつ摂取してもそれなりの効果は発揮してくれます。

 

しかし私たちの体には、食べた物を効率よく体内に取り入れてくれるタイミングというものがあります。

 

それは朝昼晩、各食事の30分前から1時間ほど前のお腹が空いている時間。
になります。30分前から1時間ほど前というのはあくまで目安です、ここで重要なのはお腹が空いているタイミング、だということです。

 

それが何故かというと、私たちの体はお腹が空いているタイミングに食べ物を体内に入れると、その時に食べた物を効率よく体内に吸収してくれる働きがあります。そのため、めちゃくちゃお腹が空いているときに、ファーストフード等のものを大量に食べてしまうと、それはあまり体には良くありません。

 

しかしそのタイミングでイソフラボンや健康サプリメントなどの身体にとってうれしい成分が豊富に含まれた物を摂取することによって、その成分を他の時間帯よりも効率よく体内に的確に取り入れてくれるので、このタイミングは外せません!

 

イソフラボンの生理の症状への改善効果は即効性はあるの?

 

次に気になるのは、イソフラボンの生理の症状への改善効果は即効性があるのか?という部分になってくるかと思います。

 

それに関しては答えはノーです。

 

薬のように飲んですぐに生理の症状にアプローチをかけてくれるようなものではありません。

 

コツコツ摂取して、徐々に体質を変えて生理の症状を改善していくというイメージになります。

 

正確なものではありませんが、もし生理が終わった頃に、毎日イソフラボンの摂取を意識して始めたとしたら、その成果が出るのは次回の生理のタイミング。くらいの感覚でいた方が良いかと思います。

 

目に見えない体の中で起こっている話ですので、なかなか想像しにくいかと思いますが、サプリメントとかと同じような感じですね、あれも、飲んですぐに効果が実感できないとあきらめてしまう方がとても多いですが、サプリメントというのは毎日コツコツ飲んでだんだんと体質を変えて行しばらくした後に効果を実感し始める。というものです。

 

人によっては効果の実感に2ヶ月3ヶ月とかかってしまうかもしれませんが、生理の症状に関しては閉経するまで何年、何十年と向き合っていくものです。今から初めて遅くても、極端に遅くて半年後にきちんと効果が実感できるならば、それは続ける価値があるのではないかと思います^^

 

話を戻しますが、イソフラボンの生理の症状への改善効果は即効性がないので、今まさに生理の症状に悩んでいる方は、ロキソニンエスなどの生理痛改善薬などでしのぎましょう!

 

イソフラボンはどの食材に豊富に含まれているのか?

 

イソフラボンが生理の症状への改善効果や、その他にもダイエットなどの嬉しい効果を発揮してくれることがよくわかったかと思います。

 

そんなイソフラボンはどの食材にたくさん含まれているのかを紹介します。それは、、、

 

納豆、大豆、飲料(豆乳など)、豆腐、油揚げ、大豆煮、きなこ、味噌

 

これらの上記の食材にイソフラボンは豊富に含まれています。食材のラインナップを見てみると、和食中心の生活をするのが良さそうですね♪

 

イソフラボンの過剰摂取の危険性

 

イソフラボンの生理の症状改善効果をより詳しくまとめてみた!

これまでイソフラボンの摂取は生理の症状の改善に非常に効果的だという話をしてきました。それは事実です。しかし1つだけ気をつけていただきたいことがあります。それはイソフラボンの過剰摂取による危険性があるということです。

 

なぜイソフラボンの過剰摂取が危険なのかというと、生理の症状の原因は、2つある女性ホルモンのうち1つ(エストロゲン)が減少してしまい、2つのバランスがうまく保てなくなってしまうというもの。

 

それを補うためにエストロゲンに似た働きを持つイソフラボンの摂取が効果的だという案内をしたのですが、逆にイソフラボンを摂取しすぎてしまうと、エストロゲンが過剰に増えすぎてしまい、それはそれで女性ホルモンのバランスを崩す原因になってしまいます。

 

そうなるとそれはそれで生理の症状が悪化したり、また別の症状が出てしまうという危険があるのです。

 

そのため、イソフラボンは1日の摂取目安を守っていくことがとても重要になってきます。

 

イソフラボンの過剰摂取しないためにはどうしたら良いのか?

イソフラボンを過剰摂取しないためには、1日の摂取目安である、70mg〜75mg以内に抑えておく事がポイントになってきます。

 

そこで、先程の段落であげた、イソフラボンを多く含む食材には、それぞれどの程度イソフラボンが入っているのかをまとめました。

 

  • 納豆1パック(50g)=65.0mg
  • 大豆飲料125ml=69.0mg
  • 豆腐1/2丁(110g)=55.0mg
  • 油揚げ1/2枚(75g)=52.5mg
  • 大豆煮(50g)=30.0mg
  • きな粉おおさじ1(6g)=15.6mg
  • 味噌大さじ1杯(18g)=7.2mg

(約1食分当たりの含有量mg)

なお、もしもサプリメントなどでイソフラボンを取り入れたい場合は、1日に30mg程度に抑えておくのがおすすめです。

 

というのも普段の食生活の中でもイソフラボンを含む食事というものはたくさんあるため、サプリメントだけで70mg程度摂取してしまうと、過剰摂取のリスクが高まってしまうからです。

 

ここで少し想像してほしいのですが、普段和食中心の食生活が毎日できている方はあまり心配がないかと思いますが、そうでない方、毎日自分でイソフラボンの規定量を守った食事を用意していける自信はありますか?

 

さほど難しいことでもないため、できないことではないのですが、これが意外と続けるのが大変なんです。

 

食事に飽きてしまったり、納豆のパックを買うのが面倒だったり、続けることが難しい理由は人それぞれあるかと思います。
そのため、サプリメントでイソフラボンを毎日的確に摂取して、生理の症状コントロールされる方はとても多いんです。

 

薬局やドラッグストアなどでもイソフラボンのサプリメントは販売されているかと思います。
気になった方はいちどチェックしてみても良いかもしれませんね♪

 

イソフラボンのサプリを考えてる方、ちょっと待って!

イソフラボンをこつこつ摂取してホルモンバランスをコントロールするのもアリですが、

 

女性ホルモンのバランスをコントロールして生理の症状を改善したいのであれば、もっと良い方法があります!

 

それが、当サイトのPMSページでもご紹介しているルナベリーというサプリメントです。

 

 

なぜ生理の症状を改善したいという方にこれをご紹介しているのかというと、このサプリメントは、生理の症状を改善するために生まれたアイテムだからです。

 

特にPMSによる、次のような症状に悩んでいる方におすすめです。

  • 腰痛
  • お腹が痛くなる
  • 胸の張り・乳頭の痛み

といった身体的な悩みや、

  • 眠気
  • 怠さ
  • イライラ

このような精神的な悩みで苦しんでいる方たちから、たくさんの支持を受けていて、使った人の93.2%の人がリピーターになるほどです♪

 

ルナベリーはサプリメントであり、食品なので、使用したら眠くなるなどの副作用はありません。

 

ただ、こういったものにお金をかけるのは最初はとても不安ですよね。

 

ですが、ルナベリーは今期間限定で本体価格が無料で、かかるのは送料の500円のみとなっています☆

 

実際に使っていた方々の口コミが気になる人は以下のページにて見ることができます♪

 

>ルナベリーの口コミをチェック<