食事で生理痛緩和に良い成分を摂る方法紹介☆

生理痛を緩和する成分を効率よく摂る方法まとめ

毎月訪れる生理痛に『何でもいいから早く終わって!!』と思う人も少なくないでしょう。

それが毎月毎月やってくるんだから女性でいるというのは本当に大変なことです。

 

しかしそんな生理痛は食事を見直して、緩和効果の高い成分を積極的に摂ることで、緩和することは十分に可能です。

 

ここでは、生理痛の原因や、生理痛緩和をするにはどうすればよいのか、どんな食べ物からどんな成分を摂るのが良いのか。などについてまとめています。

 

毎月訪れる生理痛に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみましょう☆

 

そもそも生理痛ってなんだろう?

生理痛を緩和する成分を効率よく摂る方法まとめ

生理痛というのは、まず我々女性は毎月子宮内で赤ちゃんを育てるベッドを作っています。
もし妊娠しなかったときはそのベッドがはがされて血とともに外に出されます。
その際に感じるお腹や腰の痛みを生理痛と呼んでいるんです。

 

実際に体が成長すると、みんな生理は起こるのですが、
その際に痛みがあまりないという方もおり、生理痛が辛い!という方は日本ではおよそ30%にも及ぶといわれています。

 

これはあくまでアンケートのようなものからのデータなので、もしかしたらもっと多いということも考えられます。
そんな生理痛の症状は、頭痛、腰痛、腹痛、下痢、吐き気、めまいなどがあり、
ひとによって様々で、痛さも人それぞれ違ってきます。原因については次の段落を見てみましょう!

 

生理痛の原因は?

生理痛の原因というのは1つではありません。

 

生理痛の主な原因は・・・

プロスタグランジンの分泌量
子宮の出口の大きさ
体の冷え
心身のストレス

 

プロスタグランジンの分泌量

先ほど、生理痛というのは赤ちゃんを育てるためのベッドが、血とともに体の外に出るときの痛みだという話をしましたが、その働きを手助けしてくれるのがプロスタグランジンという成分です。

 

ベッドが外に出る際の子宮の動きが大きければ大きいほど生理痛の痛みは強くなるのですが、このプロスタグランジンという成分の分泌が多いと、その時の子宮の動きが大きくなってしまうため、まるで陣痛のようなお腹の痛みや腰の痛みとなってしまうのです。

 

ちなみにこのプロスタグランジンが、頭痛も引き起こしてしまうと言われています。だから生理の時に頭が痛いということが起こるんです。

 

子宮の出口の大きさ

次に子宮の出口の大きさについてですが、若い女性や妊娠経験がないと、言う女性に多いのがこの原因で、子宮の出口が狭いと月経血が出にくくなってしまうため、痛みを感じやすくなります。

 

しかしこのことが原因で生理痛の症状が強く出てしまうという女性は、出産を経験すると子宮の出口が広がってくるため生理痛が軽くなるという場合もあります。

 

体の冷え

次に体の冷えですが、体が冷えてしまうと体内の血液循環が悪くなってしまい、そうなることで生理痛の痛みを強くさせるプロスタグランジンが骨盤内にとどまってしまい、そこでもまた痛みを強くさせてしまいます。

 

心身のストレス

ストレスというのは生理痛の悪化の原因にもなっていたんです。そんなストレスは女性ホルモンや、自律神経のバランスを崩してしまい、さらにはの巡りを悪くさせる働きもあります。

 

これらすべて生理痛を悪化させるだけでなく、生理前のpmsの症状強くさせてしまう原因にもなるため、非常に厄介なものです。

 

生理痛を緩和するにはどうしたらよいのか

生理痛を緩和する成分を効率よく摂る方法まとめ

生理痛を緩和するためには、基本的には体を温めて巡りを良くすることがとても大事なポイントになります。

 

それが何故かというと、体が冷えていたり、血の巡りが悪かったりすると子宮筋という子宮内の筋肉が硬くなってしまいます。そうなると月経血を外に出すときに強い力が必要になるため痛みが酷くなってしまいます。

 

そこで体を温めて巡りを良くすることで、月経血の排出がスムーズに行われるため、子宮を強く収縮する必要がなくなります。子宮を強く収縮せずに通常通りの排出ができれば、生理痛の痛みというものはほとんどありません。

 

だからこそ、体を温めて血の巡りを良くすることがとても大事なんです!

 

普段の食事から生理痛緩和に良い成分を摂ろう

 

ここまで話した通り生理痛の改善にはストレスとの上手な向き合い方や普段の生活習慣の改善もすごく大事な要素となってきます。しかしそれと同じ位食べるものから得られる成分というのも重要になってきます。これから生理痛緩和に良い成分が豊富に含まれている食べ物紹介していきます♪

 

生理痛緩和に良い成分が含めれている食べ物

生理痛を緩和する成分を効率よく摂る方法まとめ

やはり、生理痛を緩和するためには体を温めるということが非常に大事になってきます。
というよりも言い方を変えれば、生理痛緩和のためには体を温めるのが手っ取り早いとも言われています。

 

そのため食事で生理痛を緩和するならば、体を温めやすい成分が入っている食べ物を積極的に取り入れることが重要になってきます。

 

その際にお勧めするのが、土の中で育つ野菜です。例えばジャガイモやレンコン、にんじんなどといった野菜の成分には、体の冷えを改善する成分があるため、こちらは積極的に摂取していきましょう。

 

それ以外にも生姜も非常に効果的です。生姜というのは、実は体が冷えているときには温めて、体が火照っているときには熱をほどよく下げてくれる成分が入っている優れた食材になっています。

 

生姜湯を毎日飲むと良いと思います。あと、玉ねぎやニンニクに含まれている成分も、血の巡りを良くして体を温めてくれるため、生理痛緩和に非常に効果的です。

 

あとこれはおまけですが、女性の体は生理前になると便秘になりやすく、便秘というのは美容やダイエットに悪影響を与えてしまうものなので、便秘を改善しやすい成分が多く含まれている、芋やこんにゃく、ワカメ、キノコや切り干し大根などの、食物繊維という成分が豊富に含まれている食物を取り入れることもお勧めします。

 

まとめ

ここまでの内容まとめると、

 

生理痛の原因は体の冷えが大きく関係している為、体を温めてくれる成分が豊富に含まれている食べ物、血の巡りを良くしてくれる成分が組まれている食べ物を積極的に取り入れることで改善につながります。

 

また、冷えや血流の改善という部分で言うと、軽い運動を取り入れる習慣や、積極的に半身浴をすることも改善や体の冷えを解消する効果があるためぜひ取り入れてみてください♪