生理前のお酒が良くない理由|対策は?

生理前のお酒の席

気の合った仲間や友達同士でお酒を飲む楽しい『女子会』。
いつもとお酒の量やペースは変わらないのに、なぜか“酔いが回る”のが早いって感じた事はありませんか?
また、やけに気持ち悪くなったり、お腹がゆるくなって気持ち悪くなったり・・・

 

もしかしたら、お酒で具合が悪くなった時は生理前や生理中ではありませんでしたか?
生理周期で体調が不安定なタイミングだったりした覚えはありませんでしたか?

 

なぜ、こんなことを聞くのかというと、生理前や生理中は臓器の働きが鈍りやすいからです。
また生理前のタイミングは、ホルモンバランスの関係から自律神経が乱れがちで体が敏感な状態なんです。

生理前の体調の悪さと腹痛

そういったこともあって、生理前の飲酒はあまりおすすめできないのですが、
仕事の都合でどうしても飲まなければならない時もあるかと思います。

 

また、生理前や生理中にお酒を飲んで太ってしまったという方もいるのではないでしょうか。
実はわたしも経験があるんですけど、生理前や生理中はお酒の時に悪酔いしないように食べるおつまみも
消化が悪くなるというか・・・お腹にたまってしまうというか・・・

 

こんな症状が起こるのは排卵準備や生理中のために体内酵素の働きが鈍ってしまうことなんだそうです。
そのせいで、身体の中にも消化不良なものが残ってしまったり、お酒を飲んだ翌日におどろくほど浮腫んでてお腹もポッコリしてしまう・・・

 

このページでは、
そんな生理前や生理中のお酒で太ってしまったり、浮腫んでしまったりという悩みを持っている方のおすすめアイテムと、そのおすすめの理由。
また、お酒で具合が悪くなっって悪酔いしてしまったり、二日酔いになってしまうという方におすすめの対策サプリをご紹介しています。

 

生理前や生理中の期間というのは、1ヵ月の中で約半分の長さになってしまいますよね。
もちろん身体のことを考えるなら、できるだけ(生理前は特に)お酒を飲まない方が良いんですが、
ストレス発散のための女子会や仕事のお付き合いで飲まないといけないお酒もあります。

 

そういった生理とお酒のイマイチ良く分からない“体調不良の因果関係や対策の方法やアイテムもご紹介していきます♪
では、さっそく生理前の“お酒太りやむくみ”の理由と対策のためのおすすめアイテムから見て行きましょう!

 

生理前のお酒“太り・むくみ”対策のおすすめアイテム

生理前のお酒対策におすすめのアイテムは、植物性の酵素とタンパク質、アミノ酸がたっぷり補給できるサプリメントです。
というのも、生理前はお酒に酔いやすいだけではなく、食欲が増して太ってしまうというケースもありますよね。

 

その対策も踏まえて、サプリメントでの栄養補給がカギになるからなんです。

 

食欲が増したり、お酒の分解が上手くいかなかったりするのは肝臓の機能が低下して、代謝機能が落ち込んでいることの表れです。
そんな時は、身体に酵素を補給してあげる事が大切なのですが、
それと同時に、肝臓の機能を助ける意味でも植物由来の低カロリーで、高品質なアミノ酸を補給することが大切なんです。

生理前のお酒対策|体調や生理の症状を軽減する方法

でも、生理前や生理中は肝臓や胃腸の活動が鈍くなっているので、
食べものからミネラルやアミノ酸を摂ると言っても栄養源として食べたもの消化吸収がうまく行かない・・・

 

そのおすすめのサプリメントが、アミノハニー酵素なんです。
アミノハニー酵素は、名前の通りアミノ酸が補給できるハチミツの酵素サプリです。

 

ダイエットにも効果が期待できるのですが、生理前に起こりやすい肌荒れの改善も期待できます!
アミノ酸は人間の身体の中でタンパク質の素になる最小単位の栄養素です。

 

>>アミノハニー酵素の詳細<<

生理前・生理中のお酒で具合が悪くなる理由

生理前のお酒で気持ち悪くならないための対策は、
肝臓を守ってあげることが大切なんです。

 

肝臓の働き自体は、生理周期のホルモンバランスやPMS、生理痛の体調不良とは関係ありません。
ですが、肝臓は血液を貯蔵している器官なんです。

血液の中の赤血球のイメージ

肝臓にダメージが掛かってしまうお酒は、肝臓にたくわえられている血液の質を悪くしてしまい、
結果として、生理前のいらいらなどの不調、生理期間中の生理痛などの不快な症状が『より重くなってしまいやすい』ということなんです。

 

なので、できるだけお酒は飲まない方が良いんです。
ただし、それでもどうしてもお酒を飲まなければならない時もありますよね。

生理前のお酒から肝臓を守る方法

生理前のお酒から肝臓を守ってあげる方法は、お酒の分解を助ける栄養素やミネラルをバランス良く摂ることです。

 

肝臓を守るために必要な栄養素は・・・

  • 植物性タンパク質
  • 亜鉛
  • アミノ酸、
  • ビタミンB群

といった栄養素になります。

 

しかし栄養素だけを考えるなら
『お肉やお魚、緑黄色野菜をバランス良く食べましょう。』という結論になってしまいます。

 

確かにこれらの栄養素やミネラルを、豊富にバランスよく摂れる食べ物を食べるのが理想的なのですが、
生理前に太りやすくなるのが気になる、という方もいるのではないかと思います。

 

そこでおすすめの方法が、先程お伝えしたサプリメントを利用することなんです。

 

サプリメントならば、余計なカロリーを気にすることもなく必要な栄養素をしっかりカバーできます。

 

また、もう一つのメリットとして、急なお誘いがあった時でも対応しやすいという点です。
サプリメントであれば、バッグに入れておくだけで、急なお誘いを受けても飲みの席に向かう途中で飲むことも出来ますね♪

 

状況と体質別のおすすめのサプリ2選

生理前にお酒を飲むと『体調が悪くなるなぁ』と感じる方もいらっしゃるのですが、やはり状況と体質には個人差があります。

 

というのも、冒頭でご紹介した通り、お友達からの急なお誘いで飲む場合と仕事で飲まなければならない方がいると思います。

 

また体質でいうと、肝臓が弱くて元々お酒に自信がないという方と比較的そうでもない方もいると思います。
こういった状況と体質の差によって適切なサプリが変わってきます。

 

急な誘いを受けるけどお酒が弱い…だけどお酒もその場の雰囲気も楽しみたい!
という方は『スパリブ』というサプリメントがおすすめです。

 

そしてもうひとつのサプリが、普段からお酒は飲めるけど、
生理周期によってお酒で体調が悪くなるという方におすすめなのが『肝パワーEプラス』というサプリです。

 

なぜ、このように分かれているのかというと・・・

 

お酒に強くなりたいという方におすすめのスパリブ。
お酒で肝臓をこわしたり病気になることを防ぐ目的がある肝パワーEプラス。

 

という具合にわけることができるんです。

 

『スパリブ』は体内酵素の活性化でアルコール分解酵素の力を強めてあげて、
アルコールの代謝で身体にかかる負担を和らげるのが目的のサプリ。

スパリブの画像

つまり『スパリブ』は、元々お酒に対して自信がないけどお酒を楽しみたい!という方のために開発されたサプリなんですよ。

 

『スパリブ』詳細ページはこちら↓↓

そして『肝パワーEプラス』は、お酒を飲み続けてきて肝臓のダメージが怖いという方におすすめです。
その理由は、次のような肝臓の働きを健康な状態に導く健康成分が摂れるからです。

  • 亜鉛やビタミンB群が摂取できる広島県産のカキ
  • 植物性タンパク質とアミノ酸が摂取できる長野県産のジャンボにんにく
  • 肝臓の疲れを取り除くクエン酸(ビタミンC)が摂れる和歌山県産の紀州南高梅

このような成分が摂れるのが『肝パワーEプラス』の特徴です。

肝パワーEプラスの画像

『肝パワーEプラス』の詳細ページはこちら↓↓

また、生理前のタイミングでお酒を飲んで生理前のPMS症状が重くなってしまった!
そして、生理痛がいつもより重くなってつらくなった…

 

という方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方に対しても、
肝臓の働きを助けてあげることが症状の軽減につながりますよ!

 

生理前のお酒が身体によくない理由

冒頭でもお聞きしましたが、生理前にお酒を飲んでいて、なぜか酔いがまわるのが早かったり、
お酒を飲む量は変わらないのに、やけに気持ち悪くなったことはありませんか?

 

生理前は体の機能が低下するので、
お酒のアルコール分解能力が鈍り、いつもよりお酒に酔いやすくなってしまいます。

 

できるのであれば、生理前にお酒を飲む時は、いつもより少量にするように心掛けましょう。

 

アルコールは、出血を促す働きがあります。
また、興奮(覚醒)をさせてしまう作用もあり、個人差はありますが
出血がひどくなれば貧血が心配ですし、興奮や覚醒などのアドレナリン作用が強く出てしまうと、
一緒に飲んでいる友達や彼氏とのケンカや別れ話など、思わぬ悪い結果を招いてしまうことも考えられます。

 

その理由のひとつに、生理(排卵)開始によって卵胞ホルモンが低くなり『MAO』という酵素が高まります。

 

あまりにも血行が悪くなってしまうと、子宮へ栄養が行き届かなくなってしまい、
生理前の症状が重くなる原因になってしまうことがあるんです。

 

生理痛のなかでも腹痛については、不要になった子宮内壁が剥がれ落ちるのですが、
プロスタグランジンの働きでそれが“痛み”として認識される原因になります。

 

この働きにもMAO酵素が関わっていると言われています。

 

MAO酵素は、身体の中に元々あるものですが、このMAO酵素がなければ、妊娠のための受精卵の着床も出来ないので、必要不可欠なんです。
しかし、必要以上に分泌が多くなると、不快な症状が強くなります。

 

MAO酵素ってなに?

MAO酵素とは、生理前や生理中に分泌される特殊な酵素です。
ホルモンバランスの切り替えのタイミングでもある、生理前の約1週間くらいから増え始める酵素なんだそうです。

 

アドレナリン(興奮物質)やノルアドレナリン(興奮を鎮める物質)、幸せホルモンと呼ばれる『セロトニン』の分泌とも関係しています。
MAO酵素は、先ほども軽く触れましたが、生理前のイライラや出血、ストレスの蓄積が止まらなくなるなど身体にとって良くない働きをすると言われています。

 

しかも、お酒を飲むことで、MAO酵素の産生と分泌が高まってしまう事が分かっています。
また、生理前のイライラの原因であるアドレナリン分泌が増えると彼氏とのケンカや別れ話につながってしまう可能性も。

 

なので、MAO酵素の分泌が増える生理前から生理中は、あまりお酒を飲まない方が良いんですね。

お酒の飲み過ぎは生理痛が重くなる?

私たちの周りには至るところに、お酒がありますね。

 

そして日常的にお酒を飲まれる方は、その日のお料理などに合わせたり、色々なシーンで楽しんでいるとおもいます。

 

ですが、お酒のアルコールには、生理前の症状を悪化させてしまう効果があることを知っていましたか?

 

楽しいからってついついお酒を飲み過ぎてしまうと、
人によっては後で辛い症状が待っているかもしれません・・・。

 

近年では女性でもお酒を楽しむ方が増えてきています。働く女性も増えて旦那さんより稼いでいる!なんていう女性も決して少なくない世の中になりました
働く女性も増えた分、お酒を飲む機会もだいぶ増えたことと思います。

 

お酒には『百薬の長』とも言われる通り、ほどよく気分をリラックスさせてくれるという嬉しい効果もありますが、
その反面あまり多量に飲み過ぎると、体に良くないものに変わってしまいます!

 

お酒を飲むと、血流が良くなる作用があると言いますよね。

 

ここだけ見ると、むしろ生理痛の改善に良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、
飲み過ぎる事でその作用が極端に強まって身体が痛みを感じやすくなってしまうので良くないんです。

 

それより怖いのが、酔いがさめるとイライラや不安感が残ることがあって、
PMSの症状でもある、気分の落ち込みを長引かせてしまう危険性も大いにあるんです。

 

なので、PMSの自覚のある方は特にお酒を飲む量には注意してください!!

 

ちなみに、生理前のお酒は良くないというお話をしましたが、
お酒が良くないのは生理中も同じですよ!

 

それでも生理中にお酒を飲むなら

先ほど生理前の飲酒が良くない理由をご紹介しました。
ですが、これは『何も気をつけないで今まで通りに飲んだり、ついつい飲み過ぎてしまうことがあると良くない』という話なんです。

 

生理前や生理中は、普段より酔いやすく、
酔いが醒めづらいということがわかっていれば、そうなるのは当然のこと。

 

じゃあ、生理前から生理中は絶対にお酒を飲んじゃダメっていう事?という方もおられると思います。

 

しかしながら、お酒には、中国の古い言葉で『酒は百薬の長』というのもあります。

 

お酒を飲むと、身体が温まったりしますよね。

 

なので、気分が悪くなったりしないように注意しながら、それと乱れすぎないくらいの楽しいお酒の飲み方をしたいですね。
大人のお酒の飲み方が出来るなら『お酒が絶対悪ではない』という事なんです。

 

生理前の身体にやさしいお酒の飲み方をきちんと理解してリラックスした素敵な夜を過ごしましょう♪

お酒には嬉しい効果もある

生理前でも、お酒というのは飲み方を注意して少量だけ飲むなら、
生理前の冷えだったり、生理前特有の不調を緩和してくれる場合もあるんです♪

 

さらに少量のお酒は身体をじんわり温めてくれますし、
お酒を飲んで、血行が良くなるということは生理前には嬉しい効果です。

 

でも何度も言いますが、
お酒をたくさん飲んでしまうと血管が収縮してしまう効果も大きくなるので
それは絶対に良くないですよ!

 

実は、生理によって排出される経血は量がある程度決まっていて、
お酒によって増える出血は本来なら必要ない分なんです。

 

先ほど、貧血を悪化させてしまう原因になると言いましたが、それが理由なんです。
お酒を飲んでたくさん出血して生理を早く終わらせる、というのは良くない考えなのでやめましょうね!

 

生理前のだるさや眠さは、一時的な貧血状態と冷えによっておこる、血液の酸素不足が原因だといわれています。
または、あまりにも血行が悪くなるってしまうと、子宮へも栄養が行き届かなくなってしまい、生理前の症状が重くなる原因になりかねません。

 

生理中に肩こりや腰痛がひどいという人も、生理による血行不良が原因の場合があるのを心得ておきましょう!

 

ここまで読んでいただいた方は何となくわかったかもしれませんが、
生理前の不調は、ホルモンバランスの乱れと、身体の冷えが主な原因となります。

 

なので、身体を温めてくれる丁寧なお酒の飲み方であれば、
お酒はあなたの味方になってくれる可能性があります。

 

身体を温めるお酒を少しだけ飲みましょう♪

先ほど書いたように、生理前の不調の原因は身体の冷えです。

 

例えばきーんと冷えているビールやカクテル、
サワーなんかをがぶがぶ飲むのは、
どうみても身体を冷やしてしまうため、おすすめ出来ません。

 

逆に身体を温めてくれるようなお酒なら多少はOK!

 

温かい日本酒やお湯割りのウィスキー・梅酒などを
常温、または温めてから少しずつ飲むのがポイントです。

 

他にもホットワインやハーブリキュールなどといったような、
スパイスが入ったお酒も身体を温めてくれますので効果的です♪

 

他にも、養命酒などは生理痛を和らげてくれる。
という効果があるのは聞いた事はありませんか?
ちゃんと、コントロールできるお酒の飲み方さえできれば、問題ないんですよ☆

 

いずれの場合でも、生理中にお酒を飲む場合は
あらかじめ量を決めてから飲むように心がけましょう。

 

温かいお酒ならたくさん飲んでも大丈夫だよ!
なんてことは絶対ありませんのでご注意ください!

 

イメージとしては、少な目のお酒を
『ちょっとずつ味わうようにして飲む』こと。
すると次第にじんわり身体が温まってくるはずです。

 

ついつい調子に乗ってお酒を飲み過ぎてしまう人は、
お酒を飲み始める前に『今日はこれだけ』と決めて、ボトルを小分けにしたりしておくのもアリですね☆

 

こうして家でゆっくり飲む温かいお酒には、
心と体のリラックス効果が期待できます。

 

生理前や生理中は交感神経が優位になりやすいので、
知らず知らずのうちに精神的に疲れきってしまっている場合があります。

 

なのでそのタイミングで身体を温めてほっとひと息してみてください。

 

断りたい!生理前の飲み会どうしてる?

タイミング悪く生理前に飲み会に誘われてしまうことって
たまにありますよね…生理前だし今回は断りたい…こんな経験ありませんか?

 

特に男性の多い職場だと、
生理からくる不調は全般的に理解されにくいです。

 

何でもない飲み会を欠席するにしても、
会社単位の場合は理由を求められることがあります。
この時は正直に生理を理由にして断るのも、中々勇気がいりますよね。

 

そんなときはこういえばいいんです!

 

『このあと家族を車で送らなきゃいけないんです…』

 

『明日の朝、車を運転しなくてはいけないんです…』
などのように、車を理由にすると上手く断れますよ♪

 

さらに、もしも週末の飲み会なのであるなら、
明日がインフルエンザの予防接種があるからとか、、
健康診断だから、なども効果の高い断り文句ですね!

 

もしも嘘をつくのが心苦しいという場合は、
体調不良と言って理由をぼかして断るのもおちろんアリです。

 

相手にもよりますが、その人がしつこく飲酒を勧めてくる相手なら、今日は最初の一杯だけで、あとはソフトドリンクで。という参加の仕方もあります。

 

無理して嫌な飲み会に参加することはありませんが、
飲み会でストレス発散できるなら、それに越したことはありませんからね♪

 

ここまで生理前のお酒対策をご紹介してきましたが、
生理というのは女性にとってなかなか悩みの尽きないものですよね。

 

あなたの生理は、他にどんな悩みがありますか?
自分の悩みに合ったページを探してみてください!

 

トップページはこちら↓↓

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク