生理中の肌荒れは基礎化粧品を変えたほうが良いの?

基礎化粧品の試供品

生理が始まると途端に肌荒れがひどくなる…
でもこんな時でもどうしても仕事上で人前に出なきゃいけないし化粧をしないわけにもいかない・・・
化粧をする以上は絶対にスキンケアもしなきゃいけないしどうすればいいんだろう…

 

今このページをご覧のあなたはこんな悩みを持っていらっしゃいませんか?

 

このページでは、このような悩みを持っていらっしゃる方に
生理中の肌荒れで化粧品選びに困った場合にどのような対処法があるかといったところを見ていきたいと思います。
また、すでに試されていらっしゃる方もいるかも知れませんが、わずかながらこの悩みに対する提案をさせて頂いています。

 

生理中の肌荒れの原因は?

生理中の肌荒れの原因は、排卵日を境にして分泌量が増えて
その後少しずつホルモンバランスが卵胞期に向かって変わっていくホルモンバランスの変化のタイミングです。
それだけに、どうしても生理中は肌荒れを起こしやすい時期とも言えます。
ちなみに生理中に分泌されているプロゲステロンという黄体ホルモンはどうしても肌の表面などから水分を奪って
卵巣に水分を蓄えようとする働きがあるため、水分を奪われた肌の表面はどうしてもカサカサし始めて、うるおい不足の状態になってしまいます。

 

それが生理中の肌荒れの原因なのですが、この場合はやはりしっかりと保湿をした方が良いです。
また、そのための化粧水は、プロゲステロンの働きによる肌表面の水分不足と油分過剰になっていることに対しての
水分と油分のバランスをとってあげられるオイルフリーの化粧水や乳液』が良いのではないかと思います。

 

というのも、プロゲステロンの働きによって肌の角質層から水分量が少なくなって
肌のバリア層が弱くなってしまっている分、自分の肌を守ろうとしている自律神経が
過剰に皮脂を分泌して、肌のバリア層を少しでも強くしようと働く結果として
肌の水分と油分のバランスが油分のほうが多くなって崩れてしまうことがニキビや肌荒れの原因として考えられるからです。
このような肌の水分と油分のバランスが狂ってしまいやすい生理中のスキンケアのための基礎化粧品は、基本的にオイルフリーの化粧水の方が良いと考えられます。

 

この時期になるといつも普通に使えている化粧水や乳液が普通に使えなくなってしまうという悩みを持っておられる方はたくさんおられます。

 

もちろん肌質は人それぞれですので、オイルフリーやパラベンフリー、エタノールフリーなどの低刺激化粧水といっても、
それが必ずしもあなたの肌に合うとは限りません。
ですが、そのまま通常の時に使っている化粧水を使って基礎化粧品が合わなくなり肌が荒れてしまうよりは試してみた方が良いと言えるのではないでしょうか。
もちろん生理中は基本的に肌が荒れてしまうというのをわかった上で、
できるだけ生理中は化粧しないという考え方も正解では無いかと思います。
ただし生理中のニキビについては、やはり雄文に対して反応してしまうところが多いので、
できるだけ油分のバランスに見合った水分を与えてあげるようにした方が良いはずです。

ここで提案です!

例えば、生理中の時だけは敏感肌用の化粧水を使ってみるといったような方法も良い方法なのではないでしょうか。
また、こういった時に、新しい化粧品を丸ごと本品を購入して試してみるということもお財布的にも厳しいです・・・
もし失敗したときにどうしようという悩みや怖さもありますよね。
ですのでこのような時はやはりスキンケアを試すことができるトライアルセットを試してみてはいかがでしょうか。

 

本当に自分に合うのかどうかというところをトライアルセットならば
本品よりも明らかに少ない分量で試すことができますし、10日分や1週間分といった小分けタイプで販売されています。
価格も1,000円前後で安くなっていますから、比較的思い切った試し方ができるかと思います。

 

毎月必ずやってくる生理での肌荒れがひどくて人前に出ることもできないなんていう状態は
あなたにとってもまたあなたを好きな周囲の誰かにとっても決して良いことではありません。
あなたと仲が良いお友達にとってもあなたのことが心配でしょうし、あなたの彼氏であれば寂しく感じると思います。
このような状況は本当にもったいないことだと思います。
生理中の肌荒れは、本当にイヤな症状ですが、だからこそ思い切ったトライを低リスクで行う方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

プライマリー

生理中の肌荒れが本当にひどい場合は・・・

本当にいろいろなスキンケア化粧品を試してみて
散々、敏感肌用や乾燥肌用の化粧水や乳液を試してみたけど
それでも駄目だったという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういう方はよほど、ホルモンバランスの影響を受けて肌が過剰に敏感になりすぎているということも考えられます。
そういった方の場合はやはりホルモンバランスの乱れ方が他の方よりも大きく、しかも生理痛や生理前のPMSにも悩んでおられるのではないでしょうか。

 

そういった方はまず、生理周期にまつわるホルモンバランスの変化をできるだけ
大きなものではなく落ち着かせることができるホルモンバランスを整えてくれるサプリメントを使ってみるといったような方法も考えられます。
また、プロゲステロンに対してエストロゲンの分泌量が弱すぎることが原因であると考えられますので、
その場合は大豆イソフラボンをしっかりと補給することができるサプリメントを使うといったことも選択肢として考えてみましょう。

 

生理前のPMSや生理痛の対策サプリランキング
あわせて読みたい関連ページ

生理前のカラーリングやパーマについての疑問解消のためのページです。ムダ毛の処理についても掲載中!

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

生理関係の悩みは個人差はありますけど、みんなそれぞれいくつか抱えているかと思います。

 

私のサイトでは、上記の関連ページ以外にも生理の悩みを解決するためのページが充実していますので他のページも参考にしてみてください♪