PMSを簡単におさらい

PMSの症状一覧※改善法も紹介

PMSとは簡単に言ったら、生理前のイライラや下腹部の痛みなど、精神的身体的な様々な症状のことです。

 

そんな生理前のPMSの症状に毎月毎月なやまされている方は実に85%にも上るそうです。私も以前までは精神的な情緒不安定の症状、生理痛に悩まされていました。

 

ちなみに生理前のPMSの症状から起こる問題には、大きく分けて2種類のトラブルがあります。それは、身体的トラブル・精神的トラブル です。

 

このページではPMSの症状の精神的なもの、身体的なものの紹介をするほか、中でもどんな症状が一番きついと言われているのか?さらにはPMSの症状を改善する方法なども紹介しています。

 

このページで、ご自身の生理前の様態に思い当たる症状は出ていないかチェックしていきましょう♪

 

もしも、当てはまるものが生理前だけ、というのであれば、それはPMSの症状がとても高いです!

 

PMSの症状に違いがあるのはなぜ?

PMSの症状に違いがある理由は簡単に言うと、PMSの症状はそれぞれのホルモンバランスが大きく関係しており、その人の弱い部分がPMSの症状に出やすいと言われています。

 

そんなPMSの症状はおよそ200種類以上もあると言われているので、一概には言えませんが、例えば、精神的な症状で言うなら、几帳面やついつい考え過ぎになりがちな方ならPMSの症状で憂鬱になりがちだったり、ストレスがたまりやすい方は生理前にイライラしてしまったり、ということになります。

 

身体的症状でいうと、普段から身体が冷えがちな方は、下腹部痛の症状に悩まされたり、血液の循環があまり良くない方はむくみや、胸のはりなどの症状が強く出たりするようです。

 

PMSの症状が、毎月形を変えて私たちに悪影響を与えるのです。
そもそもPMSの原因などは完全には解明されていませんが、以上のような傾向は強いとされています。

生理前のPMSの身体的症状

ではここで、PMSの症状の一覧を見ていきましょう!

頭痛

 

肩こり

 

腰痛

 

下腹部痛

 

下痢

 

便秘

 

むくみ

 

胸が張る

 

摂取異常

 

味覚の変化

 

眠気

 

不眠

 

疲れやすい

 

だるい

 

肌荒れ

 

湿疹

 

冷え性

 

耳鳴り

 

関節痛

 

めまい

 

吐き気

 

嘔吐

 

のぼせ

 

ほてり

 

多汗

 

ニキビ

 

のどの違和感

 

おりもの

 

体重増加

 

...などです。少し調べただけでもこれだけのPMSの身体的症状が出てきます。
あくまでこれもほんの1部の症状にすぎません。。

 

では次にPMSの精神的症状です。

生理前のPMSの精神的症状

 

情緒不安定になり涙もろくなる

 

理由もなく憂鬱になる

 

無気力になる

 

ちょっとしたことで死にたくなるほど落ち込む

 

普段なら何でもないことでくよくよしてしまう

 

イライラしやすくなる

 

否定的、悲観的になる

 

性欲が異常に増進、減退する

 

家族、友人、恋人とケンカしやすくなる

 

子供にきつく当たってしまう

 

感情的になり暴言を吐きやすくなる

 

人付き合いが面倒くさくなる

 

集中力判断力が低下する

 

無性に整理整頓がしたくなる

 

衝動買いをしやすくなる

 

これをみて、え、、、、これもPMSの症状だったの?っと驚いた方がいるかもしれませんが、残念ながらPMSの症状は非常にバライティ豊富なのです。

 

しかしここではこれらのPMSの症状への改善方法もこれから紹介するので、PMSの症状に悩んでいるという方は是非チェックしてみてください☆

 

実はPMSの症状が出ることは良いことでもあります。

 

先ほどの一覧の中から思い当たるPMSの症状はありましたでしょうか?

 

生理前のPMSの自覚がある人はおよそ85%だと言われています。しかしPMSは出産のためにはなくてはならない重大な身体の産物です。体の中の働きが安定していることの表れなので、PMSだからと言って危険なわけではありません♪

 

むしろPMSの症状があるということは自分の身体はちゃんと機能しているんだなというポジティブな解釈もアリです!

 

(85%の方が”自覚”をしているだけで女性はみんなPMSの症状が本来はあるそうです)しかし、もしこの中で思い当たるのが多くて日常生活に支障が出ているのであれば、早めに婦人科・女性外来に相談してみてください!

 

PMSの症状が強く出てしまう人の特徴

PMSの症状が強い人と、さほどPMSの症状が強くない人がいることに疑問を持ったことはありませんか?
実はPMSの症状が強く出てしまう人にはある特徴があります。

 

それは、女性ホルモンのバランスを崩しやす生活をしている。ということです。もちろんPMSの症状が強くなる原因は細かく言えばたくさんあるかもしれませんが、1番身近なところでいったらこれが挙げられます。というのも、PMSの症状というのはそもそも女性ホルモンのバランスが乱れることによって出てしまうものです。

 

それが乱れれば乱れるほどPMSの症状は強くなる傾向にあります。

 

なので、女性ホルモンのバランスが見乱れやすい生活習慣の人はそれを見直すことで、それだけでもPMSの症状を緩和することができます。

 

女性ホルモンのバランスを崩しやすい生活とは

実は何気なく生活している中で自ら女性ホルモンを少なくさせてしまっている習慣を送っている場合が多いんです。

 

これから女性ホルモンを低下させてしまっている原因であるよくない習慣について紹介していきたいと思います。これをして改善していくだけでもPMSの症状の改善にもつながってくるので是非チェックしたいところです!

 

入浴をシャワーだけで済ませていませんか?

決して寒い状況にいないのにも関わらず手足やお腹または消えてしまいがちな方は全身の血行が悪い状態になっています。このように体が冷え続けてしまうと女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されにくくなってしまいます。

 

そういった方に特に注意していただきたいのが入浴をシャワーだけで済ませないという所。冷え気味な方は体を温める必要があるのでしっかりと湯船につかり体を温めたいところです。

 

食生活が乱れていませんか?

現代人に多いのが、ダイエットの為だと言って朝食を抜いてしまったり、ファーストフードなうといった体によくないものばかりを好んで食べることによって栄養のバランスが崩れていきます。栄養のバランスが崩れるとどうなるかというと代謝がうまくいかずに女性ホルモンであるエストロゲンが不足しがちになる原因となります。

 

ストレスを上手に解消できていない

私たちは常にさまざまな方面からストレスを受けながら生きていますが、
そんなストレスが大きければ大きいほど自律神経のバランスを乱し、
自律神経のバランスが乱れてしまうことによってエストロゲンが減ってしまいます。

睡眠はしっかり取れていますか?

寝付きが悪かったり眠りが浅かったり、または夜更かしをする習慣が、分泌が低下してしまいエストロゲンのしまいます。
これもまたPMSの症状があるので避けたいところです。

 

ただし、精神的な不安などの理由で眠れないといった方の場合は、

ちなみにPMSの症状で1番辛いと言われているのが頭痛です。

生理前の頭痛というのは、吐き気が止まらほどの激痛が、2日から3日続くことから、PMSの症状で1番辛いとされています。
もちろんPMSの症状が頭痛として来ないという方はいらっしゃいます。

 

このような辛い頭痛も女性ホルモンのバランスを整えることによって、その痛みを限りなく軽減することは可能です。もちろんその他の生理前のPMSの症状でも可能です。

 

生理が降りるまでは生理前の女性ホルモンの微妙なバランスの崩れは少なからずあるかと思いますが、今の症状を限りなく小さくすることは可能です。

 

pmsの症状はいつから始まっていつまで続く?

PMSの症状がいつから始まる何時まで続くのかという所ですが、PMSの症状は一般的に生理が来る約2週間前ほどから始まり、生理が来るタイミングでおさまると言われています。

 

PMSの症状がきつい人ほど、PMSに苦しむ期間が長い傾向が強いようなので、先程の段落で紹介した女性ホルモンが低下してしまう原因の習慣を改善することを意識していきたいところです。

 

PMSの症状が酷すぎる場合はどこに行けば良いのか?

このサイトのタイトルにもあるように約85%の方がPMSの症状に苦しんでいる現状があります。

 

いわばほとんどの方がPMSを経験しているため、人によってはたかがこれくらい。ということで我慢し続けてしまう方も少なくありません。

 

しかしPMSの症状はここまできてわかった通り人によって症状が違ってくるため、他人がどうこうではなく自分がどうなのかというところを考えるべきです。

 

そこでPMSの症状が酷すぎてどうしようもない場合はまずはお医者さんに相談してみましょう。
そこで自分に合った改善方法相談できますし、何より原因と方法がわかるだけでも気持ち的に全然違ってくるはずです。

 

そのため本当にしんどい場合はお医者さんに相談しましょう!

 

PMSの症状改善のためにできること

PMSの改善にはこのページであげた原因をつぶしてあげることで改善にもつながります。

 

しかしそれ以外にも外的要因でPMSを改善するためにできる簡単で効果的な方法と言ったら、サプリメントによる方法も選択肢のひとつです。

 

しかし生活習慣や食生活などを見直して、特にお金をかけずに生理前のPMSの症状を改善できる方法あります、もし気になった方はサイト内でご自身に合った解決方法を探してみてください♪

 

もし、確実にどうしてもなんとかしたい!という方には、生理前のPMSを改善するためのアイテムもご紹介しています。

 

ちなみに、生理前のPMSを改善するためのアイテムというのは

 

ルナベリー という女性ホルモンのバランスを整えるためのサプリメントのことです☆

 

これは、実際にPMSの症状に酷く苦しんでいた方が開発したもので、すでに利用している方は多く、その約93%がリピーターになるほど効果の高いサプリメントです♪

 

先ほど私は、生活習慣や食生活などを見直して、特にお金をかけずに改善できる方法ありますと書きました。

 

それでも全然いいと思います!

 

ただ、中には症状がきつすぎて中々改善されないという方もいらっしゃいます。

 

そういう方にはルナベリーのようなアイテムを使っていただきたです!

 

⇒ルナベリーの詳細が見たい方はこちら

 

PMS症状

 

PMSページで、ルナベリーとPMSの症状の関連性についてわかりやすく書いてあるので、

 

生理前のイライラ対策副作用のないサプリ|PMS改善応援団