PMDDとは?

PMDDとは?※PMSの症状が強い方は要注意!

PMSの精神的症状が強すぎて、自分がPMDDなんじゃないかと思ってしまう人は決して少なくありません。

 

そう思ってしまう原因としては、”PMSとPMDDの症状が似ているから”だと言えるでしょう。

 

 

ちなみにPMDDの正式名称とは月経前不快気分障害です。名前が”月経前不快気分障害”であるがゆえに、その症状は主にPMSの精神的症状と非常に似ていて、それが更にが強くなったものになります。

 

ちなみにPMDDはPMSとは若干の違いがあるためPMSの対策と全く同じ対策をとれば改善されるわけではありませんが、PMDDにはPMDDの改善策があるので安心してください♪

 

 

ではPMDDとは具体的には一体何なのか

先ほども書きましたがPMDDとは月経前不快気分障害という名称があり、その症状は簡単に言うとPMSの精神的な症状が強く現れたものです。

 

ちなみにPMDDとは月経がある女性の約5%に見られる症状で主に日常生活に支障が出るほどの症状を指します。

 

ここで次に出てくるであろう質問は、PMDDとPMSの境界線はどこ?という所だと思います。

 

きっちりと、ここからがPMDDです。そう伝えるのは少し難しいですが、PMSとの最も大きな違いがあり、それはPMSよりも気分の悪化が激しく、日常生活が困難な状態に陥ってしまうということです。その主な症状としては、自分をどんどん陥れてしまう。やる気が完全になくなってしまう。重度のうつ状態。絶望感。

 

これらが見られますが月経が始まってから数日後にはその症状がなくなり普段と変わらない精神状態に戻るというのも特徴。

 

PMDDの症状の具体的な例

・自分の感情が抑えられなくなって涙が止まらなくなる。

 

・他人に対して言葉遣いが攻撃的になり人間関係が悪化してしまう。

 

というような例が挙げられます。PMDDの症状によって相手に不快感を与えてしまうだけではなく、自分自身も深い後悔や自己嫌悪に駆られてしまいより一層うつの症状が強くなってしまうため、PMDDの疑いがある方はそのままにしておくとネガティブの連鎖が続いてしまうので、早めに対策を取る必要があります

 

 

※PMDDのトラブルについてまとめてみました↓

 

・内側に向いているPMDDのトラブル

 

無気力になる

 

理由もなく憂鬱になる

 

ちょっとしたことで死にたくなるほど落ち込む

 

↑これらは内側に向いているトラブルのため、一人で抱え込んでしまう苦しさがあります。

 

 

 

・誤解される危険があるPMDDのトラブル

 

イライラしやすくなる

 

否定的

 

悲観的になる

 

性欲が異常に増進・減退する

 

↑これらは誤解される危険があるPMDDのトラブルです。

 

・社会生活に支障をきたす恐れのあるPMDDのトラブル

 

家族や友人・恋人と喧嘩しやすくなる

 

子供にきつく当たってしまう

 

感情的になりやすい

 

暴言を吐きやすい

 

人付き合いが怠くなる

 

集中力・判断力が低下する

 

無性に生理整頓がしたくなる

 

衝動買いをしやすくなる

↑これらは客観的にみてもわかる症状ですよね?そのため人間関係に影響を及ぼしたり、社会生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。

 

PMDDになる原因

 

ちなみにPMDDの原因については、PMS同様まだはっきりとした事は解明されていないそうです。しかしPMDDの原因に関係があるのではないかと考えられているものが2つあるんです。

 

・1つ目はホルモンバランスの乱れによる原因

 

ほとんどPMSの原因と同じですが、改めて説明すると排卵後にプロゲステロンという黄体ホルモンが過剰に増えている確率が高いということ。こうなることで女性ホルモンのバランスが一気に崩れ1時的に不安定な状態になってしまい、身体的にも精神的にも良くない症状が現れます。

 

・2つ目はセロトニンが減少してしまうことによるもの

 

我々は生理前になると幸せホルモンと呼ばれているセロトニンがあまり分泌されなくなります。私たちの精神状態を落ちつかせてくれるセロトニンが分泌されにくくなることによってセロトニン不足となり精神状態が不安定になってしまいます。

 

逆にセロトニンを上手に分泌させることによってPMDDはもちろんPMSの症状が大きく改善されるということも明らかになっています。

 

 

PMDDの治療法とは

PMDDとは?※PMSの症状が強い方は要注意!

PMSの治療法と違って、PMDDの治療は主に薬で行われています。

 

まず、婦人科に行ってPMDDと診断されると、主にうつ状態の際に処方される薬を出してもらえます。その薬の主な効果は脳内のセロトニン分泌量を増加させるもので、それを服用することで気持ちを落ち着かせることが可能です。

 

さらにもう1つ方法があって、それはPMSの治療でも使われる低用量ピルで女性ホルモンの分泌つバランスを整えるというものです。

 

いずれにしてもPMDDの疑いがある場合は、一人で悩まずまずは婦人科へ行ってくださいね!

 

薬を使ってもPMDD症状が改善しない場合には?

 

中には薬を使ってもPMDDの症状が改善されないという方もいらっしゃいます。他にもPMDDの方で副作用が心配だから薬なんか飲みたくない!って方や、私はPMDDを根本的に治したい!って方には、副作用の心配ががあんまりないと言われている栄養療法という方法もオススメです。栄養療法とは、症状を改善するために、薬とはちがって最適な栄養の量をサプリメントや普段の食事から補給することで副作用なく体を気づかいながら症状を改善させることができる方法になっていて、PMDDに悩むおおくの方から注目されています。

PMDDの予防方法とは

 

ここまで読んで自分がPMDDでは無いと判断できた方、安心するにはまだ早いです。

 

先ほども書いたように月経がある女性の約5%がPMDDになると言われているので、あなたがその5%に入らないという保証はありません。だからこそ今現在PMDDでないのであれば、そうならないためにも対策を取る必要があります。

 

ここでその予防策をシンプルにまとめたのでぜひ参考にしてみてください↓

 

まずは日ごろの生活習慣を見直すことからです。どのように見直すかというと、できるだけ規則正しい生活を心がけるという事。あと疲れたときにはしっかりと休息をとり睡眠時間はしっかりと確保してください。

 

さらに大豆製品などにたくさん含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た効果が非常に高く、積極的に取り入れることによってホルモンバランスが乱れるのを防いでくれる働きがあります。

 

あと代表的なのが朝起きたら日光を直接浴びるということ。必ずしも朝でなければいけないというわけではありませんが、1日のうちに1回は外へ出て数分間太陽の光を浴びる習慣をつけましょう♪

 

もちろんこの予防策にも個人差はありますが少なからずマイナスにはならないかと思います!

 

さらにこのように生活習慣を見直すことによって、PMDDの事以外でも美容と健康にも深くつながってくるので、そういった意味でも生活習慣を見直すということはとても大事なことです♪

 

もしもPMDDの疑いがある方は早めに病院へ!

 

このページを読んでいただいて、自分がPMDDだと自覚した方は早めに病院行ってください!

 

生理前にイライラしたり憂鬱な気持ちがあるのはほとんどの人があることなので、ただそれだけが理由で病院に行くのはなかなか気が引けるかと思います。しかしもしもあなたがPMDDだとしたらその症状放っておくと負の連鎖が延々と続いてしまい、取り返しのつかないことになりかねません。

 

だからこそ精神的な違和感が強い場合や、それが長い間続くようであればできるだけ早く婦人科か精神科へ行ってくださいね!

 

PMSの精神的症状が強いだけという方

 

ここまで読んでいただいて、もしもあなたが、PMSの症状が強いだけだったのかな?と感じるのであれば、あなたが行うべき事はPMSの改善です。

 

しかし症状がそんなに重くなく大して辛くないという方は特に処置をする必要は無いかと思います。ですがPMSの症状に悩んでいるのであれば、我慢はしない方が良いかと思います。

 

もしもここであなたがPMSを改善するという選択をしたならば、数カ月後にはPMSの症状が和らいでいるのを実感しより良い人生を送っていくことでしょう。しかしPMSの症状がとても強く辛いのを我慢して苦しんでいるのに、我慢をするということを選択するとしたら、これから何十年とPMSのその症状に苦しむことになります。

 

後者の方はほとんどいないかと思います。多くの方がPMSの改善を望んでいるでしょう!

 

しかしPMSの改善の仕方を知らずにどうしていいかわからないから、今まで何もしなかったという方は多いかと思います。

 

そこでPMSの改善方法をご紹介したいと思います♪

 

それは、ルナベリーというPMS改善サプリメントを使っての改善方法です!

 




↑これです☆

 

私がこのサイトでなぜこのルナベリーを皆さんに紹介しているのかというと、

 

まずは1つは、物がしっかりしているから効果がちゃんと期待できるという事。

 

これは、実際にPMSに苦しんだ方が、世の中の女性を救うために開発したもので、PMSの大元の原因である、女性ホルモンのバランスの乱れを整えてくれるものだから、直接アプローチしてくれるんです♪

 

実際に使った方の93%がリピーターになるというのもかなり信頼できるポイント!

 

そして2つ目は、購入するうえでハードルが低いという事。

 

効果が高く信頼できるものといっても、こういったサプリメントを初めて試す方や、今現在あまり金銭的に余裕がないから、無駄な買い物はしたくないという方は多いかと思います。そんな方でも安心して購入できます!

 

 

 

それはなぜか。

 

 

 

定期購入の場合、初回限定でルナベリーが実質0円で購入できるからです^^

 

送料は自分持ちになってしまいますが、それでもたったの500円です♪

 

さらに、120日間の返金保証もついているので、実際に試してみて、これは自分には合わないと思ったら返品が可能です^^
ルナベリー
なので、定期購入しても不安になることはありません♪

 

 

きちんと効果があってこれだけハードルが低いサプリメントなら、皆さんに紹介するしかない!と思いました(笑)

 

今ざっくり紹介してしまいましたが、以下のリンクから公式ページに行けるので、気になった方はチェックしてみてください♪

 

 

 

PMDDとは-まとめ-

 

PMDDとは生理のある女性のうち3%から約5%の方に生理前に特化した精神疾患であります。

 

ちなみにPMDDとは、アメリカで1993年ごろから精神医学会で鼻がさらなる研究が求められていて、2年前の2013年に正式に精神疾患であると認められたそうです。

 

だからPMDDとはとても歴史が浅く、治験や研究の成果が少なくて解決方法が限られている精神疾患なのです。

 

PMDDの症状とは、PMS伴うイライラだったり憂鬱感だったりPMSに非常に似ていて、怒りや悲しみや寂しさや不安といったような負の感情が限界値を超えてしまいます。

 

それが自分でも抑えが効かなくなり、破壊行為にまで及んでしまう場合があります。