女性ホルモンバランスを整えて生理前の悩みを改善

女性ホルモンを整えて生理前のイヤな症状を改善するコツ-まとめ

生理と女性ホルモンが直接的に関係していることを知っている方は多いかと思います。

 

でも実際、女性ホルモンが私たちのカラダで何をしているのか
PMSにどう影響しているのかはあまり知られていません・・・。
つらいPMSの症状も、ホルモンのことを知ることで対策法もみえてきます。

 

このコンテンツでは女性ホルモンと生理の関係についてわかりやすく簡潔にまとめています。

生理と関わり深い女性ホルモンとは?

女性ホルモンを整えて生理前のイヤな症状を改善するコツ-まとめ

女性ホルモンが私たちにとってすごく大事なものだということはこれを見ている皆さんもお分かりかと思います。
しかし、そんな女性ホルモンがどんな役割を果たすのか、どこから分泌されるのか、などなど女性ホルモン細かい部分まではわからないかと思います。

 

そんな女性ホルモンを詳しく知ることで生理前のPMS改善に良い影響を与えることができると思うので、ここで大事な部分をしっかりと抑えておきましょう☆

 

まず、女性ホルモンとは、私たち女性をより女性らしくしてくれるためのホルモンです。

 

お肌やカラダ、ココロや脳にまでもたくさんの影響を与えるもので、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが存在します。

 

この女性ホルモンは、なくてはならない物なのですが、その2つのバランスが非常に崩れやすく、生理前のPMSなどの原因にもなるものでもあります。

女性ホルモンはどこから出てくるのか?

あなたは女性ホルモンがどこで作られているのか知っていますか?

 

先に答えを言ってしまいますが、女性ホルモンが分泌されるのは卵巣だと言われています。

 

生理が始まり、およそ2日ほどたつと卵巣から女性ホルモンが分泌されるという流れです。

 

続いて生理との関係ですが、生理が始まり女性ホルモンがピークになると、脳が反応し、排卵が起こります。
排卵の後も女性ホルモンは出続け、今度は受精卵を受け入れる体制になり、それを経て子宮内膜が剥がれ落ちて生理がやってきます。

 

女性ホルモンバランスが乱れてしまう原因

普段の生活で女性ホルモンのバランスの乱れを意識する事はあまり無いかと思いますが、
私たち女性にとって女性ホルモンバランスというのは、非常に重要なものとなってきます。

 

今を生きている女性たちにとって、現代社会というのは女性ホルモンバランスを乱してしまう原因がそこら中にあります。

 

しかし多くの人はそれをあまり気にしないまま生活をしていますが、
それは生理前の嫌な症状を強めてしまう原因になってしまうので、ぜひとも押さえておきたいところです。

 

そこで本題ですが、女性ホルモンバランスを崩してしまう原因は本当に些細なところにあります。
例えばストレス、不規則な生活、睡眠不足、過度なダイエット
などが挙げられますが、いかがでしょうか?これって結構該当される方少なくないんです。

 

逆を言えばこれらを改善していくだけでも女性ホルモンバランスの乱れが小さくなっていくため生理前の症状も緩和されて行きます。

 

女性ホルモンバランスが乱れるタイミングはいつ?

女性ホルモンバランスが乱れるタイミングが具体的にいつかを知ることは中々厳しい話になります。

女性ホルモンバランスの乱れは生理のリズムによって変動があるため、人それぞれ違うし、毎月毎月変わってくるから、というのが理由です。

 

女性ホルモンバランスが生理に関係するのはなぜ?

 

生理は女性ホルモンの働きの影響で起こるものなのですが、ここでその仕組みについてシンプルにまとめます。

 

まず、排卵と生理のリズムに大変大きな影響を与えているのが、私たちの体内で作られる女性ホルモンになります。

 

簡潔に言うと、女性ホルモンが生理期間の複雑な排卵→生理まで行っているようなものです。

 

ちなみに↓

 

・生理が終了→排卵  この期間は、エストロゲンの分泌が盛んになる期間になります。

 

・排卵→生理 この期間はプロゲステロンの分泌が盛んになる期間になります。

 

そして、このプロゲステロンの分泌が盛んになる期間にPMSの影響で心と体が乱れていきます。

(何もしない状態だと、女性ホルモンのバランスを整えてPMSを緩和することはまず無理です。
しかし、このサイトではPMSの緩和の方法なども紹介しているので、PMSの症状に悩んでいる方は自分にあったコンテンツをチェックしてみてください^^)

 

女性ホルモンバランスが整ってないと生理前のPMSにどう影響する?

 

女性ホルモンのバランスが整っていないと、先ほど説明したプロゲステロンが多く分泌される時期では、カラダの中で様々な悪さをします。

 

例を上げると、、、

 

女性ホルモンの影響で水分を身体から外に排出しにくくなる⇒むくみの原因に。

 

そういったことが乳首にくれば乳首がいたくなったり、またはその女性ホルモンの影響が頭に来れば、頭痛の元になります。

 

女性ホルモンのバランスは、このような形で私たちに影響を与えてくるのです。

 

(ちなみにこの女性ホルモンの働きが、脳内物質であるセロトニンの分泌を一気に低下させてしまうことも多く、そうなると鬱な気分やネガティブ思考が止まらなくなるなどの情緒不安定な状態にしてしまいます。)

 

女性ホルモンバランスが乱れやすいのはどんな人?

 

女性ホルモンのバランスが乱れる原因というのがあります。

 

それは大きく見ると、、

 

・自律神経の乱れ

 

・セロトニン不足

 

↑この二つになります

 

ではまず、自律神経の乱れについてです。

 

自律神経の乱れは主にストレスが原因とされています。ストレスには肉体的なものや精神的なものがあります。現代人のストレスの原因のほとんどが後者の精神的ストレスです。

 

その元は人それぞれになりますが、ストレスを受けすぎて処理しきれなくなると、それが自律神経に影響し、それが女性ホルモンのバランスをみだしてPMSの症状を悪化させます。

 

 

次にセロトニン不足です。セロトニンは通称幸せホルモンともいわれていて、
これがないと

  • うつ症状になりやすい
  • 気分が上がらない
  • 不安感に襲われる

などといった心の不調にダイレクトに影響してきます。
現代人はそんなセロトニンも非常に不足しています。

 

そんなセロトニンを分泌させる方法は、太陽の光を浴びる、カラダを動かす、良く笑う、などがあげられます。
これを読んで、自分に該当すると思った方は、女性ホルモンのバランスが乱れやすいといえるので、まずはこの部分から変えてみましょう!

 

セロトニンを分泌する習慣は非常に大事なことです。

生理前のPMSの原因は女性ホルモンバランスの乱れ

PMSの原因は女性ホルモンバランスの乱れが直かかわっています!

PMSの主な原因はこの2つです↓

 

・女性ホルモンの急激な増減によるもの

生理前になると、体内にある2種類の女性ホルモンの分泌量が急激に増減してきます、これは生活習慣・食生活・体質などに大きく影響され、分泌量の割合は人それぞれ・・・。
そのためPMSの症状、又は辛さまでも人それぞれとなってくるんです。

 

・セロトニンの分泌異常によるもの

脳内に神経刺激を伝達するセロトニンが、生理前にバランスを崩してしまうため。

 

誰でもできる女性ホルモンバランスを整える方法

 

このページのテーマである女性ホルモンバランスというのは、
日常的なストレスや、肉体的な疲労感など
誰でも起こりうるちょっとしたダメージによりバランスを崩してしまいがちなものです。

 

薬によって対処することも可能ですが、とてもデリケートなものである、長い間テーマでもあるので、
できるだけ自然に女性ホルモンバランスを整えることができればそっちの方が理想的です。
これから日常的に自然に女性ホルモンバランスを整える方法を紹介します

 

女性ホルモンバランスを整える方法1:心と体を休める

仕事や人間関係のストレスと女性ホルモンバランスの乱れというのは非常に深い関係性にあり、相互に作用すると言われています。
相互に作用するがゆえにしっかりと休みを取ったり、ぬるめのお湯で半身浴をするなど、
または、アロマだったりマッサージやストレッチ、または軽く体を動かすウォーキングなどをして、自分の体をいたわることで、それは女性ホルモンバランスにも良い影響与えることができます。

 

・・・すべてが必要なワケではありませんが、女性ホルモンバランスを整える方法としては自分に合ったどれかを1つは試し、継続することが重要です☆

 

女性ホルモンバランスを整える方法2:ダイエットは健康的に

ダイエットをすると意気込んでついつい過度なダイエットをしてしまうと、
それは精神的にも肉体的にもストレスとなってしまい女性ホルモンバランスが乱れる原因の元になります。

 

ある研究グループのデータでもはりきりすぎて過度なダイエットをしすぎてしまった女性は、生理痛などといったPMSの症状が強く出るという結果も出ています。

 

そのため生理痛や生理前の症状が強く出ていると感じている場合は、無理なダイエットはひとまず止めて、するならば健康的な無理のないダイエットを意識しましょう。

 

 

女性ホルモンバランスを整える方法3:早めに寝る

昔から寝る子は育つと言われていますが、睡眠時間を十分に確保することによって女性ホルモンバランスを整えることができます。睡眠時間をしっかりと確保することや、早寝早起きを意識することで幸せホルモンと呼ばれているセロトニンというホルモンの分泌つも活発になり、女性ホルモンバランスに深く関係する自律神経を整えることができるため、しっかりと睡眠時間をとって早寝早起きをする事は、心と体にとって非常に大事なことです☆

 

この女性ホルモンバランスを整える方法はシンプルで誰もできることなので是非試してみてください♪

 

もっと女性ホルモンのバランスを簡単に整える方法

女性ホルモンバランスを整える方法を先ほど紹介したばかりですが、女性ホルモンバランスを整える方法としてもっと簡単な方法があります。

 

このページを読んで、女性ホルモンが生理に影響し、女性ホルモンバランスを整える方法を実践することで生理前のつらいPMSの症状が緩和できるということがわかりましたね。

 

では次に、もっと手っ取り早く女性ホルモンバランスを整える方法です!

 

これは先ほどまとめたように、自律神経を整えることや、、セロトニンを豊富に分泌させることも非常に効果的です。ですがほかに効果的な方法があるので紹介します。

 

あなたはイソフラボンが、女性ホルモンのバランスを整えるのに最適だということをご存知でしょうか?
これについては、大豆イソフラボンには女性ホルモンバランスを整える効果がある!←こちらにまとめてあるので、女性ホルモンのバランスを整えたいという方は、是非ご覧ください♪

 

あなたはルナベリーをご存知ですか?

 

イソフラボンが女性ホルモンのバランスを整えるのに効果的、という話は有名ですが、それよりも女性ホルモンのバランスを整えてPMSを改善したい!という方にはルナベリーをいうアイテムを是非知っていただきたいんです♪

 

なぜこれを知っていただきたいかというと、ルナベリーは、PMSで悩む方々のために開発されたもので、その効果は、女性ホルモンバランスを整え、直接的にPMSに働きかけ、症状を落ち着かせてくれるものだからです!

 

毎日コツコツイソフラボンを摂取していくのは中々大変ですよね。

 

しかしルナベリーは粒型のサプリメントのため無理なく摂取できますし、これは薬ではなく食品なので副作用の心配はありません♪

 

そんなルナベリーは、PMSで悩む多くの女性を救うために今現在、実質0円で提供しています。

かかるのは送料のみ!

もちろん、いきなりこれやってみてください!とはいいません、ですがきっとあなたを救ってくれるアイテムだと思うので、まずは知っていただきたいんです♪

 

ルナベリーの効果を口コミから見てみよう!通販情報も掲載中!