PMSと妊娠中のマタニティブルーって重なってしまうもの?

先日、ある質問サイトでこのような悩みを持っている方の質問がありました。

PMSの症状と妊娠の際の情緒不安定は重なるの?

私はPMSの症状が、イライラや不安感だったり、憂鬱感だったり、俗に言う精神的な症状が主に出てしまします。
周りの人と比べてその症状は強い方だと思います。
でも、これから先妊娠して子供を身ごもってから妊娠中の不安感だったり、憂鬱感+今現在出ているPMSの症状が重なるということが不安です。

 

PMSの精神的な症状と、妊娠時のいわゆるマタニティブルーの症状が重なることを想像すると、正直自分がもたないような気がします。
私のようにPMSの精神的な症状で苦しんでいて、妊娠経験のある方、アドバイスをください。

中にはこの人と同じような悩みを抱えている方がいらっしゃるのも無理はないと思います。
妊娠中のお腹の赤ちゃんへの影響も考えると不安になってしまうのも当然です。

 

ですが、ここでひとつだけ安心して頂きたいのは
『妊娠中は生理周期自体が止まるのでPMSとマタニティブルーのダブルパンチ状態というのはありません』
ということなんです。

 

先程の質問者の方の解釈は間違っていて、妊娠をしたら、生理は一旦止まるので、月経前症候群であるPMSの症状も同時に止まります。

 

なので、今現在PMSの精神的症状が強いからといって妊娠した際に、その症状と妊娠の時に訪れる不安感やイライラがかさなるかもしれないという心配はしなくても大丈夫で♪

 

しかしながら、妊娠中には、また別の厄介な症状が悩みの種となります。。↓

 

妊娠中に8割の方が経験すると言われる情緒不安定

先ほど説明したように妊娠をすると生理が止まるので、妊娠している時期はPMSの症状も止まります。
しかし、PMSとは別で、妊娠をした際に約8割の妊婦さんが情緒不安定を経験すると言われています。

 

それは具体的にどうなるのかというと、

  • 些細なことにイライラして、怒りを抑えることができない
  • 心配事や不安な気持ちが押し寄せてきて平常心を保つことができない
  • 落ち込んだり滅入ったりと気分を塞ぎがちになる
  • 唯一お互いを支えあうパートナーの旦那さまとケンカしてしまう

妊娠中、約80%の方がこのような精神的症状を実感すると言われています。

 

自分でもなぜこうなっているのかわからず、いつもの自分でないことに対してもイライラしてしまいなかなか解決するのが難しく、非常に多くの女性が悩みます。
・・・気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、このような妊娠時の精神的な症状は、PMSの精神的症状とすごく似ているのです。

 

妊娠の際の不安定な精神的症状への対策は、PMSの精神的症状への対策と少し似ています。
具体的にはどのような対策があるのかをポイントとしてあげておきます。

  • 誰でも良いので相談者を持つ(ただ話を聞いてくれる相手でも良い)
  • 自分ひとりになれる時間を持つ
  • 旦那さんの前で泣いて見る

PMSとは違い、妊娠と出産による具体的な環境の変化が直接的な引きがねになってマタニティブルーは起こります。
ホルモンバランスの不安定な変化や自律神経の乱れなどがからんでいますが
妊娠中の妊婦さんの一番の仕事は、”おなかの中で元気な子供を育てること”なので、決して無理せず自分を大切にすることが何より重要です!

出産した後どこかのタイミングでまたPMSがやってきます

出産後はまた生理が戻ってくるので、そのいつかのタイミングでPMSも再び現れます。
この時が女性にとって1番苦しい時期なのではないかと思います。

 

なぜなら、妊娠前から苦しんでいたPMSの辛い症状が再びやってくる上に、今度は育児のストレスも重なります。

育児のストレスってどんなの?

育児のストレスは、それぞれの状況や環境によって変わってくるかと思いますが、ここでいくつかの育児のストレスの原因をあげてみます。

  • 毎日に達成感を感じることができない
  • 子供が中心になるから自分の時間を作ることができない
  • 日中は1人で子育てをして頼れる人がいない不安感
  • 社会に取り残されてしまっている疎外感

これが毎日毎日、子供がある程度手がかからなくなるまで続いていくんです。

 

多くの方はこれらが主な原因となって育児ストレスを感じるそうです。

 

想像するだけでも過酷ですが、実際その立場になってみると想像以上に過酷なのかも知れませんね。

 

さらに想像してみてください…

 

このような育児ストレスに、今のようなPMSの症状が加わるとしたらどうでしょうか?

 

とてもじゃないけどやっていける気がしないと思う方が多いと思います。

 

今現在PMSの症状がきつくて改善したいと思っている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 

さらに先の話をすると、産後のタイミングで遅かれ早かれPMSを改善したいと思う時はいずれまた来ると思います。

 

というよりも、PMSの精神的症状などがひどいのであれば、今現在でも、家族、恋人、友人、職場、などの人間関係で既に困ったことはおきていませんか?

 

今はPMSを簡単に改善できる時代です

昔と違って今では、PMS治療薬や、PMS改善サプリメントがたくさんあります。
PMSを改善するという事は身近なものになってきているんです。

 

ただし、PMS症状と産後うつとの違いは、
PMSは精神的症状とお腹の痛みや頭痛などの身体的な症状の両方が同時、あるいはどちらか片方が起こるもの。
そして産後うつや育児ノイローゼというのは精神的な症状があって、
それが原因で自律神経の乱れが起こり、体調不良にもつながるというものです。

 

そんなあなたには、PMS改善サプリメントのめぐるな(やすらぎ編)を是非知っていただきたいです!

PMSの症状と妊娠の際の情緒不安定は重なるの?

めぐルナとは、日本で唯一PMS治療効果が認められているあのプレフェミニンの主成分であるチェストベリーという成分をたっぷりと配合しているサプリメントです。

 

そんなめぐルナは、PMS改善効果が非常に高く、本気でPMSを改善したいという方から多くの支持を得ているんです。

 

めぐルナは1袋に約1ヶ月分入っていて、1日に1粒飲むだけでもいいので、
面倒くさがりな方や毎日忙しいという方でも簡単に続けることができるのが良い所

 

そしてめぐルナの最大の特徴は、PMSを改善するだけではありません。

若々しさをキープする成分
新陳代謝を高めて冷え性を改善してくれる成分
腸内環境をサポートしてくれる成分
快眠効果を得られる成分

これらも配合されているので、1日1粒めぐルナを摂取していくことで、PMS改善以外にも女性にとって嬉しい効果がたくさん得られるのです♪

 

あなたが今PMSの精神的症状が改善されれば、今の人間関係が良くなっていくでしょう!

 

さらに、将来の子育てもネガティブな感情にとらわれることなく、子供にたくさんの愛を注ぐことができるはずですよ