セロトニンは生理前のイライラ・眠気・憂鬱感を解消してくれます☆

あなたはセロトニンというホルモンがたくさん分泌されると、生理前のイライラ・眠気・憂鬱感をはじめとした様々な症状に効果的だということをご存知でしょうか??

 

※セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並び、体の中でかなり重要な役割を果たしてくれる3大神経伝達物の1つです。セロトニンが不足することで、うつ病や不眠症などの精神疾患になりやすいとも言われています。

 

セロトニンを分泌させる方法で生理前のイライラ解消!

そんなセロトニンというのは、人間の精神面に大きな影響を与えて、
心と体の安定や心の安らぎなどにも関与することから、幸せホルモンとも呼ばれているんです。

 

そんな幸せホルモンであるセロトニンが不足することによって、イライラをはじめとする、うつ病不眠症などの精神疾患に陥りやすいとも言われているんです。

 

そうなってしまわないためにも、このページではセロトニンをたくさん分泌させるための方法もご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいっ☆

セロトニンが分泌されないとどうなってしまうのか?

もしもセロトニンがうまく分泌されていないと、様々な症状が現れます。

疲れやすい

 

ぼーっとする

 

やる気が出ない

 

集中力が出ない

 

怒りっぽくなる

 

イライラする

 

キレっぽい

 

落ち込みやすい

 

すぐくよくよする

 

食べ過ぎる

 

食欲がない

 

感情的になりやすい

 

寝付きが悪い

 

寝れない

 

睡眠ホルモンの減少

 

へんとう痛が出る

 

欲求不満

 

日中眠い

 

姿勢が悪くなる

 

緊張しやすい

 

ストレスが溜まりやすい

 

様々な依存症になりやすい

 

うつ病

 

失調症

 

パニック障害

 

その他様々な身体的精神的な症状。

このようにセロトニンがうまく分泌されないと、体や心の状態は様々な影響を及ぼしてしまいます。

 

逆を言うとセロトニンを分泌させる方法をマスターすることで、心のバランスが整い、心に安らぎを与えてくれます。

 

強いストレスを受けたり、鬱っぽく感じるなどしたときは、セロトニンが不足している場合がかなり高いです。

なぜセロトニンが上手く分泌されないのか?

セロトニン研究の第一人者である。博士はこう言っていました、

 

子供から大人まで、セロトニン神経の減弱している方が多く見受けられるように思います。
現代特有のライフスタイルにセロトニン不足の原因があるのではないかと私は考えています。

 

過度なPC操作、TVやゲーム漬けの毎日、運動不足、昼夜逆転の生活リズム等の不規則な生活・・・
本来規則正しいリズムで、軽い運動や日光浴などで、自然と活性化されるはずのセロトニン神経も、これでは衰えてしまう一方です。

 

セロトニン不足の原因を現代社会のライフスタイルであると分析されており、現代人の誰しもがセロトニン不足になる可能性があると警鐘を鳴らしていました。

 

特に、加齢による身体機能の衰えから、高齢者の方はセロトニン不足になりやすいと言われています。

 

セロトニンをたくさん分泌させる方法は?

セロトニンを分泌させる方法はいくつかあり、その代表的なものが朝日を浴びることとされています。

 

これからセロトニンを日光を浴びることで分泌することについてわかりやすく説明しますが、ライフスタイルによっては日光を浴びる機会があまりない方もいらっしゃいます。

 

その方のためにも、日光を浴びる方法以外でもセロトニンを分泌しやすくする方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください♪

 

セロトニン神経の活動には日光が大きく影響することを知っていますか?

子供たちの遊びは屋内型へと変わっている傾向にありますね?

 

連日にわたり長時間のゲームをやり続けるというような生活習慣は、セロトニン神経が弱体化しやすい環境です。

 

現代人は、知らず知らずのうちに慢性的なセロトニン不足に陥っていて、気が滅入って鬱っぽくなってしまい、心のバランスが崩れて、キレやすくなってしまったりしているのです。。

 

これらは全てセロトニンをうまく分泌できてないがゆえに起こってしまっていることです。

 

太陽の光をどのくらい浴びると良いのか

 

セロトニンを多く分泌させるための方法で、気になるのが、どのくらいの時間太陽の光を浴びてつけたらいいのか?という事では無いでしょうか。

 

一般的には、1日に20分から30分浴びるのは効果的だと言われていますが、朝が苦手な人にとっては朝から20分から30分のんびりと太陽の光を浴びるなんて意外と難しいことだと思います。

 

一般的にはこのようなデータがありますが、10分から15分浴びるだけでも全然効果があります。

 

私自身も毎朝20分から30分太陽の光を浴びる事は難しいので、5分だけでも太陽の光を浴びるように意識しています。

 

これならどれだけ朝が苦手な人でも5分間太陽の光を浴びる事は不可能では無いかと思います♪

 

全く意味がないことではないと思うので明日から実践してみてはどうでしょうか?^^

現代人の腸内環境の悪化

脳内でセロトニンが不足するもう一つの原因は、現代人の腸内環境の悪化です。

 

色の欧米化が進んだ現代の日本では、年々腸内環境が悪化しており、腸内に住む腸内細菌にとっても、住みにくい環境となってしまっています。

 

腸内細菌は、セロトニンの材料を送る上で非常に重要な働きをしているということが既に分かっていて、腸内環境が悪化してしまうことで、その動きも弱くなってしまうことが明らかになっています。

 

最近では腸内環境を整える健康食品も手軽に手に入りやすくなっているので、それを使って腸内環境を整えるのもGOOD^^♪

 

セロトニンを効率よく分泌させる方法

深呼吸をする

 

⇒たくさんの酸素が体内に取り入れられることによって、セロトニンが体内に多く作られます。

 

15分程度の軽いウォーキングをする

 

⇒一定のリズムで運動するとセロトニン分泌を高めることができます。簡単な方法として、毎日15分程度をキングするといいですよ。

 

起きたらすぐに太陽の光を浴びる習慣をつける

 

⇒セロトニンは日中の明るい時間帯に多く分泌されるホルモンで、朝の太陽の光を浴びることによって、セロトニンが分泌されるためのスイッチがまず入ります。

 

首を回す

 

⇒首を動かすことによって、大量の電気信号が伝わり、セロトニンの生成、分泌を増やしてくれるんです。

 

何事も頑張りすぎずに適度な休息を心がける

 

⇒がんばりすぎてストレスがかかりすぎるとセロトニンの分泌つを減らしてしまいます。心と体を休める時間をきちんと取りましょう。

 

泣く
⇒泣く事を意識的に止められない状況を作ること。つまりは号泣です。
週に1回ほど号泣するとセロトニンが一気に増えて頭がすっきりするそうです。
号泣できる映画または本を見てたくさん泣くことをお勧めします。

 

※セロトニン不足はPMSの原因の1つとも言われています

セロトニンを分泌させる方法で生理前のイライラ解消!

PMSの症状が重いと実感している方、あなたはセロトニンが不足していませんか?

 

このページで紹介しているセロトニンというホルモンは、PMSの原因とも言われてるのです。

 

近年PMSで悩む方が圧倒的に増えているとされていますが、その原因の1つとしてセロトニンが不足しやすい生活習慣になっているということも指摘されています。

 

セロトニンを多く分泌させることで、

 

PMSの症状が重い方は軽くなり

 

PMSの症状が軽い方はPMSの症状をあまり感じないことになっていくでしょう!

 

とは言っても、セロトニンによってPMSを改善する場合には限界があるため、PMSを本格的に改善したい場合は、以下の方法が効果的です。

生理前の辛い症状にはこんな改善方法もあります☆

生理前のイライラや、眠気、優劣感などを始めとしたPMSの症状には、他に、サプリメントで解決するという方法も凄く効果的です♪

 

私がこのサイトでご紹介している、PMS改善サプリメントは、ルナベリーといって、チェストツリーという生理前のPMSにとても効果が高いと言われているハーブをふんだんに使ったサプリメントです。

 

先ほどご紹介した、セロトニンというホルモンをたくさん分泌させる方法で、
生理前の症状にアプローチをかけるという方法ももちろん良いのですが、
もしもそれでも駄目だったという方にはこれから紹介するルナベリーを試しいただくのもアリだと思います。

 

詳細を書いてありますが、直接ルナベリーについて詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

セロトニン 分泌 方法