生理中のセックスが良くないのはなぜ?

生理中のセックス 危険

大好きな彼氏との久しぶりのデート♪

 

でも、なんでこんな時に生理がくるの・・・いつもとタイミングもずれてるし・・・

 

こんな経験ありませんか?

 

しかしながらそのような時でも中には、

 

別に生理中だって関係ない!彼だってセックスしたいって思っているはず!

 

このように、自分が生理中にもかかわらず、性行為に及んでしまう方もいらっしゃいます。

 

確かに、セックスは大切なスキンシップです。

 

彼との気持ちを再確認できる一つの方法でもあります。

 

ですが、そんな大切な儀式だからこそ、安易な判断をするのは危険なんです。

 

このページでは、生理中のセックスが危険な理由と久しぶりの彼とのデートを生理に邪魔されないための方法を一緒に見て行きたいと思います。

 

まずは、大切なことですので、生理中のセックスが危険な理由から見て行きましょう。

感染症のリスクがとても高い

生理中のセックスはとても危険がいっぱい
他人の血液と触れ合う事がまず問題です。

 

多くの感染症は体液や血液から感染していきます。

 

そして体液や血液への接触は感染症のリスクをかなりあげます。

 

生理中というのは子宮の膜が剥がれ落ちている時期なので、膣の環境があまり良いとは言えなく、言ってみればとてもデリケートな状態なのです。

 

だからこそ、そのような状態でセックスすることは危険なんです。

 

また、生理中は免疫力も低下しているので、普段のセックスでは感染しないような菌にすらも負けてしまい、カンジダ膣炎やクラミジア感染症といったさまざまな今に感染しやすくなってしまうんです!

 

子宮内膜症を引き起こしてしまう可能性も

子宮内膜症とは、子宮の中にできるはずの内膜が何らかの理由で卵巣や他の場所の臓器に増えてしまうという疾患です。

 

まだ、はっきりとした発症の原因はいまだにわかっていないそうですが、子宮内膜症の主な原因としては

  • 睡眠不足や睡眠の質の低下
  • 不規則なタイミングでの食生活
  • 脂質や糖質の多いジャンクフード中心の食事

このようなものが、主な子宮内膜症の原因と言われています。

 

確かに通常時のセックスは子宮内膜症の原因とは考えられません。

 

しかしながら、生理中のセックスは、月経血が逆流して、子宮内膜症の原因になりかねないんです。

 

子宮内膜症は、発見が遅れることで子宮筋腫という良性の腫瘍で、生理痛がきつくなってしまったり、PMSの症状が強くなったりします。

 

命に関わる病気ではありませんが、性交痛や排尿時の痛みなど、
普段の生活でも常に痛みと付き合わされることになりかねません。

 

やはり、警戒するに越したことはないと思います。

生理日数の長さをコントロールすることは可能です!

大事な予定を目の前にして、生理前の症状が訪れると正直焦りませんか?

 

大事な予定があるのに、その時に生理周期が被りそう…。どうしよう。

 

このようなシチュエーションは誰しもあります。

 

でも多くの女性は生理を早く終わらせる方法というものを知りません。

 

私の友達を見ていると、生理を早く終わらせるなんてできるはずがないと思うから、まず知ろうとしない。

 

という方が目立ちます。

 

でも、そんな事はありません!

 

実は生理を早く終わらせるためのエクササイズでしたり、トイレの仕方、食生活の改善といったような、生理を早く終わらせる方法というのはいくつかあるんです!

 

自分には無理!

 

そう思わずにまずは生理を早く終わらせる方法を知ることから始めましょう♪

生理中のセックスは女性性機能障害の恐れが…

生理中のセックスはとても危険がいっぱい

彼が『久しぶりに会うんだから・・・』などと無理に誘ってくることもありますよね。

 

もちろん、彼の気持ちに応えてあげたいという気持ちは良く分かります。

 

ですが、彼との将来を考えるなら、生理中のセックスのお誘いは断った方が安全です。

 

もしも無理をして受け入れると女性性機能障害になってしまう恐れがあるからです!

 

生理中に痛みを感じている時だったり、すでに下腹に痛みを自覚しているような時に無理にセックスをしてしまうと、
その痛みを超えてセックスを繰り返すことになってしまいます。

 

1回や2回は耐える事が出来たとしても、意欲が低下する性的意欲障害になってしまったり、
生理中ではない、普通のセックスの痛みを感じる症状が出たりする恐れがあります。

 

これは立派な女性性機能障害という病気です

 

だからこそ生理中のセックスで痛みを感じる場合は、生理中のセックスは避けるほうが無難といえるでしょう!!

 

生理中でも妊娠はします!

生理中だから妊娠しない。

 

女性の排卵というのは、ほぼ定期的に行われますが、時々セックスの刺激によって不定期に排卵をしてしまうことがあるのです。

 

なので、妊娠を希望しない場合は、生理中であってもしっかりと避妊する必要があるのです!

 

中には排卵期の出血(排卵出血)をせいだと勘違いして、今日は安全だと思い込んでセックスした結果、ドンピシャで妊娠してしまうというケースが後を絶たないそうです。。

 

これらのことに対して男性はどのように感じているのか?

 

もしも彼女が生理の時はあなたはセックスをしますか?

 

できる16.5%

 

控える33%

 

できない50.5%

 

 

できないという方が目立ちました、そのできない理由として、血が強いから無理!というような非常に率直な意見が目立ちました。

 

そのような理由で生理中のセックスをしないという事は良い事ですが、でもそれは正しい理解ではありません。

 

先ほど私が書いたような、女性が負うリスクを正しく理解した上で、そのような決断をしていただけると助かりますよね♪

 

生理中のセックスというのは、自ら性病にかかったり性感染症になろうとしに行ってるようなものです。

 

血液でシーツが汚れちゃう(笑)

 

なんてそのような簡単な問題じゃないです。

 

女性の体が人生に大きく左右されることをきちんと理解した上で、やる時はやるやらないときはやらない。

 

メリハリをきちんとつけることが何よりも大切なことです!