めぐルナというPMS対策の人気サプリメントの飲み方で効果を実感しやすくなるコツを特集しています。
めぐルナは、PMS(月経前症候群)の改善を目的としたサプリメントです。
天然由来のオーガニックなハーブの穏やかな作用で、ゆっくりと改善に導いてくれると評判です。

 

めぐルナを購入する前にせっかくのお金が無駄にならないように是非、
『効果を最大化するちょっとしたひと工夫』をご覧になってきださいね♪

生理にまつわる悩みは

PMSのイライラは、女性にとっては自分自身の人間性に対して自信が持てなくなったり
本当の自分はこんなんじゃない!と悲しくなってしまう方もたくさんおられます。
生理にまつわる悩みは、女性にとって非常に大きな問題です。
ほとんどの人が、自分の中に抱え込んで、月に1度、我慢をしています。
特につい、我慢しがちなものとして、月経前症候群(PMS)があります。
排卵後、生理が始まる前までの10日から2週間ほどの期間、女性にはさまざまなトラブルが起こります。

・精神的症状
イライラ、ゆううつ、涙もろい、落ち着かない、怒りっぽい、ぼーっとしてしまう、周りの人に八つ当たりをしてしまう、集中力の欠如、情緒不安定など

・身体的症状
乳房の張りや痛み、下腹部の痛み、頭痛、便秘や下痢、体重増加、むくみ、疲労がとれない、のぼせ、睡眠がうまくとれない、腰痛、ニキビや肌荒れなど
人によって出る症状に違いはありますが、つらい思いをしている人はたくさんいます。

めぐルナの飲み方の工夫

そんなつらいPMSを緩和させてくれるサプリメントがあります。それがめぐルナです。
このサプリメントには、ヨーロッパで女性ホルモンに似た働きをしていると科学的に証明された植物成分、チェストベリーのエキスが配合されています。
PMSの原因は、排卵後の黄体期に分泌される、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの急激な変動、乱れによるものだと考えられています。
チェストベリーは、地中海沿岸などに生息する落葉低木であるチェストツリーの果実で、女性ホルモンの乱れを整える働きがあるといわれています。
そのため、女性ホルモンの乱れが原因で起こるPMSに効果があるとされているのです。
ヨーロッパでは、2000年以上もの長きにわたり、女性のからだを整えるハーブとして使われています。
めぐルナに配合されている植物成分には他に、高麗人参、クワンソウ、やんばる生姜などがあります。
それらが総合的に、女性の月に一度のつらいPMSに対して効果が出るように配合されています。
そこで気になるのが、効果的な飲み方についてです。
めぐルナはサプリメントであり、薬ではないので飲み方や、量については、飲む人の自由です。
推奨しているのは、1日に1〜2カプセルの服用です。
これより多く飲んでも、効果は変わらないので、自分で1カプセルがいいか、2カプセルがいいか、試しながら飲むことをおすすめします。
また、時間は指定されていませんが、通常サプリメントは食後に飲むことが推奨されています。
食事と一緒に消化吸収されることで、吸収効率がアップするといわれています。
まずは1日1カプセル、一番服用しやすい夕食後に服用し、サプリメントを飲む習慣をつけてみましょう。