ルナベリーの効果的な飲み方を特集!PMS改善のコツ

ルナベリーはPMS(月経前症候群)で悩んでいる人向けのサプリメントです。

 

PMSとは、生理前になるとイライラして彼氏や家族に八つ当たりしてしまったり、お腹が痛くなったり、胸が張ったり、昼間も眠くて仕方なかったり、気持ちが暗くなったり、個人差はありますが色々な不調が体調面や精神面に出てきてしまうものです。

 

酷い人になると学校や仕事にいけなかったり、日常生活に支障が出てきてしまう場合もあります。

 

この不調に20代から40代の女性の8割以上が悩んでいるというデータもあります。
PMSと上手に付き合って生活をしていくには、まずは自分の生活習慣を改善する必要があります。

 

軽い運動を継続的に行うこと(運動不足状態にならないこと)、睡眠をしっかりととること(寝不足状態を放置しないこと)、休養をしっかりととること、ストレスをためないこと、食生活を見直すこと(脂っこいものや甘いものばかりを摂取しないこと)などが大事になってきます。

 

そしてさらにルナベリーの力を借りるのがおすすめです。
ルナベリーには、女性のホルモンのバランスを整える効果があります。

 

これは、女性ホルモンを整える働きがあるチェストベリー、月見草オイル、イソフラボンなどが配合されているからです。

 

毎日服用することによって、女性ホルモンを整えるだけではなく、美容や健康に良い9種類のハーブも配合されているので、精神的な不安やイライラなどにも効果を期待することが出来ます。
ルナベリーの効果的な飲み方ですが、一日一粒飲むだけで大丈夫なのですが、毎日飲み続けることが重要になってきます。

 

一粒の中にはチェストベリーが40ミリグラム配合されています。
これは一日の目安摂取量と同じになりますので、一粒で効果が出るのです。

 

個人差はありますが、効果を実感するまでには3ヶ月以上は飲み続けることが重要になってきます。
飲むタイミングなどは、薬ではないのでとくに決まっていません。

 

しかし飲み忘れの防止などの観点から、毎日夜に飲むとか朝に飲むとか、自分で飲む時間を決めておくと良いでしょう。
飲み忘れたからといって、翌日に2粒以上飲んだりするのはやめましょう。

 

なにか持病があって薬を飲んでいる人は、念のため医師と相談してから服用するようにしましょう。
妊娠中や授乳中の女性の場合は、ルナベリーには女性ホルモンを活発にする成分も含まれていることから、摂取は控えた方が良いでしょう。

 

また原材料の一部に大豆とゼラチンが含まれていることから、アレルギーがある人も服用を避けるようにしましょう。

 

ルナベリーの口コミから特徴を分析!