授乳中にプレフェミンは飲んでも平気?PMS対策について

授乳中は、とても口にするもの1つをとっても気を使いますよね。
特に母乳育児をされている方なら、ミルクと混合であっても完全母乳であったとしても
どちらでも、自分が口にした食べ物や飲み物、薬、サプリメント、それらのどれをとっても口にするもの1つにも気を使わせるはいません。

授乳中にプレフェミンは飲んで良いの?

また、授乳中はプロラクチンやオキシトシンといった授乳のための特別なホルモンも分泌されているので、
プレフェミンを飲んでいいのかどうか本当に気がかりです。
でも授乳中のイライラや孤独感、不安をそのままにしておくわけにもいきません。
そういったものも赤ちゃんは微妙に感じ取ってしまいます。
まずは、プレフェミンを飲んでいいのかどうかというところから見ていきましょう。

 

プレフェミンは授乳中に飲んでいいの?

結論から言うと、プレフェミンを授乳中に飲むというのは控えた方が良さそうです。
というのも、プレフェミンの取り扱い説明書にも妊娠中や授乳中の方は飲まないようにという注意書きがあるからです。

 

これは、妊娠中や授乳中の特別なホルモンバランスを崩さないようにするためのメーカー側の配慮です。
先ほどもご紹介した通り授乳のための
母乳を作る特別なホルモンであるプロラクチンや
母乳を実際に分泌して赤ちゃんが飲めるように出すための
乳腺の収縮などに関わるオキシトシンというホルモンへの影響も考えられるからです。

 

ですが、授乳中に起こりやすい育児に対する不安やイライラ、ストレス、疲れ、下腹部の痛みといったPMSのような症状を放っておくわけにはいきませんよね。
そこで次の段落から、そのための具体的な対策についてどのようにしたらよいのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

プレフェミンを飲めない授乳中のPMS対策

授乳中の育児に対する不安や授乳間隔が短く、
睡眠時間が細切れで短くしか取れないことに対する疲れや
ストレス、イライラといったものどのように解消していくべきなのかというところが一番の問題になってくるかと思います。
そのための方法として、オススメなのが、やはり豆乳やお豆腐、納豆といった低カロリーでヘルシーな喰べ物や飲み物で自然な形で
大豆イソフラボンを補給することでホルモンバランスを少しずつ整えていってあげるというのが理想的な解決方法かと思います。

 

そのようなオーガニックの対策であれば、授乳中でも過剰摂取にさえ気をつければ、安心してPMS対策に役立てることができるのではないでしょうか。

 

大豆イソフラボンの正しい摂り方

 

プレフェミンの副作用

プレフェミンの主成分はチェストベリー(チェストツリー)で、
これは天然のハーブから摂取したものなので副作用はないと言われています。

 

またプレフェミンに入っている説明書にも

 

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。

 

皮膚:発疹・発赤、かゆみ
その他:月経異常(生理周期や経血量の変化等)

 

1か月程度服用してもPMSの症状の緩和や効果が見られない場合は服用を中止し、
この説明書をもって医師または薬剤師に相談してください。

 

症状の改善が見られても3ヶ月を超えて服用する場合は、定期的に医師に相談してください。


と記載されています。
また眠くなりやすい成分も配合されていないので、眠気に対する副作用の心配もないようです。

 

ストレス解消も大切なPMS対策

先ほどもご紹介していますが、産後の授乳中はストレスをできるだけためないように解消していくというのも大切なPMS対策の1つです。
そのために、できるだけ家事については旦那さんを頼ったり、あまりいい言葉として聞こえないかもしれませんが『ほどよく家事を手抜きをして行う』といったことも必要かと思います。

 

とにかく気をつけていただきたいのが、自分自身が行う家事に対しても旦那さんが手伝ってくれる家事に対しても「完璧を求めない」ということが大切なストレスの解消のための方法でもあります。
とにかく自分を追い詰めないそして手伝ってくれるパートナーである旦那さんも追い詰めないようにすることが大切なのではないかと思います。

 

産後のPMS対策について